伊勢崎市・歴史・観光

  群馬県:歴史・観光・見所>伊勢崎市
群馬県・観光・見所
 ・ 前橋市
 ・ 桐生市
 ・ 伊勢崎市
 ・ 高崎市
 ・ 渋川市
 ・ 安中市
 ・ 中之条町
 ・ みなかみ町
 ・ 沼田市
 ・ 太田市
 ・ 藤岡市
 ・ 吉井町
 ・ 甘楽町
 ・ 富岡市
 ・ 館林市
 ・ 川場村
 ・ 下仁田町
 ・ みどり市
 ・ 沢渡温泉
 ・ 玉村町
 ・ 大泉町
 ・ 赤岩集落
 ・ 川原湯温泉
 ・ 南牧村
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
伊勢崎市・歴史・観光・見所
伊勢崎市概要: 伊勢崎市は古くから開けていた地域で茶臼山古墳をはじめ、5〜6世紀に築造された古墳が市内全域に点在し当時から支配層の豪族が存在し朝廷と係わりをもっていた事がわかります。平安時代に入ると文化的にも進み、十三宝塚遺跡で見られるような寺院跡も見られ上野国分寺瓦や墨書土器、奈良三彩、金銅仏などが発見され当時の郡の中心的な役割を持つ地域だったと思われます。中世に入ると赤堀氏や那波氏といった勢力が伊勢崎市周辺を支配しましたが大きな勢力にはなれず、大大名である武田氏、上杉氏、小田原北条氏、織田信長家臣滝川一益といった諸氏により翻弄されました。天正18年(1590)に発生した小田原の役で北条氏が没落すると関東は徳川家康が支配し伊勢崎には稲垣長茂が1万石で配され伊勢崎藩を立藩しています。寛永14年(1637)からは酒井氏が2.5万石、一時天領となりますが天和元年(1681)再び酒井氏が2万石で藩主となり明治維新を迎えます。又、伊勢崎市中心部とは別に市内南部には日光例幣使街道が開削され伊勢崎市では柴宿境宿が宿場町として設置され繁栄し、周辺では土壌の良さから養蚕に適し絹織物の生産が盛んになり、明治時代になると「伊勢崎銘仙」として名が全国区になっています。

スポンサーサイト

伊勢崎市
伊勢崎市:町並み 伊勢崎市:町並み 伊勢崎市:町並み 伊勢崎市:町並み

伊勢崎市・神社・寺院・城郭

華蔵寺
華蔵寺
華蔵寺
伊勢崎陣屋
伊勢崎陣屋
伊勢崎陣屋
赤城神社
赤城神社
赤城神社
泉龍寺
泉龍寺
泉龍寺
養寿寺
養寿寺
養寿寺
旧時報鐘楼
旧時報鐘楼
旧時報鐘楼
石山観音堂
石山観音堂
石山観音堂
宝珠寺
宝珠寺
宝珠寺
赤堀城
赤堀城
赤堀城
大雷神社
大雷神社
大雷神社
大国神社
大国神社
大国神社
伊勢崎神社
伊勢崎神社
伊勢崎神社
倭文神社
倭文神社
倭文神社
連取の松
連取の松(菅原神社)
連取の松
赤城神社
赤城神社
赤城神社
森村家住宅
旧森村家住宅
旧森村家住宅
同聚院
同聚院
同聚院
相川考古館
相川考古館(旧脇本陣)
相川考古館
明治館
明治館
明治館
伊勢崎教会
伊勢崎教会
伊勢崎教会
天増寺
天増寺
天増寺
 
伊勢崎市
 
 
伊勢崎市
 
 
伊勢崎市
 
 
伊勢崎市
 
群馬県:観光(ホーム)

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>伊勢崎市」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。