伊勢崎市: 倭文神社

  群馬県:歴史・観光・見所伊勢崎市観光>倭文神社

概要・歴史・観光・見所
倭文神社(伊勢崎市)概要: 倭文神社は案内板によると「当社の御祭神は、天羽槌雄命で、その歴史は古く機織の祖神として、また農耕、養蚕の神として尊崇されてきた。その創建は、人皇第十一代垂仁天皇の御宇三年と伝えられているが、これを明らかにする証跡は、現在不明となっている。 貞観元年(八五九)に官社に列せられ、従五位下を授けられた。(三代実録) その後、延長五年(九二七)に撰集された「延喜式」神明帳の中に倭文神社の名が載せられ、上野神明帳には、「従一位倭文大明神」とあって上野国の九之宮とも称された。その後、戦国時代の争乱にまきこまれ、一時荒廃したが徳川氏の江戸入部以来 関東地方も次第に平和をとりもどし、元和年間(一六一五〜二三)から寛永年間(一六二四〜四三)に入る頃は、社殿も再建され、別当寺として、新義真言宗宮川山慈眼寺が定められ、住持実秀が別当となった。以後近世を通じ倭文神社は慈眼寺の管理下におかれた。三代将軍家光のれ慶安元年(一六四八)九月には、御朱印地十石を賜わり、漸く安定した神社経営が行われ、祭事も復興し、神威もいよいよ加わるに至った。その後約八十年を経て、享保十二年(一七二七)八月には、八代将軍吉宗から社殿再建勧進の許可を得て上野国はもとより、江戸府内からも浄財の寄進を仰ぎ、旧にまさる荘厳な社殿鳥居などが再建され、大いに隆盛をきわめた。しかし、この社殿も慶応二年(一八六六)十一月九日再度火災に会い、悉く灰燼に帰してしまった。社殿はその後、明治十三年十月二十四日(上棟)に再建されたものである。なおさきの御朱印地十石の斎田は、明治維新の際上納され、また明治元年の神仏分離令により、別当寺や社僧の制も廃止され、神職によって祭祀される現在の姿となった。その後区内の小社祠の整理合祀も行われ、この間郷社に列せられた。また大正十四年には、神饌幣帛料供進社に指定された。今次大戦後は、国家神道や社格もなくなり、純粋な上之宮町の鎮守として今日に至っている。 」とあります。

倭文神社の拝殿は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行4間、梁間3間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、正面1間分は吹き放し。倭文神社の本殿は一間社流造、銅瓦棒葺き、外壁は真壁造り横板張り。倭文神社の特殊神事である"田遊び"は毎年1月14日に田植えの予祝行事で、古式を伝える神事として貴重な事から平成19年(2007)に伊勢崎市指定重要無形民俗文化財に指定されています。社宝である「倭文神社の朱印状」は江戸時代に幕府の庇護になった際、慶安元年(1648)に三代将軍徳川家光が発布した以降、歴代将軍が追認した9通の朱印状が残され、貴重な事から平成4年(1992)に伊勢崎市指定文化財に指定されています。上野国十二社。祭神:天羽槌雄命。配祀神:倉稲魂命、木花咲耶姫命、誉田別命、菅原道真命、大己貴命、素盞嗚命、豊受姫命、大山祇命、菊理姫命。

倭文神社:写真

倭文神社
[ 付近地図: 群馬県伊勢崎市 ]・[ 伊勢崎市:歴史・観光・見所 ]
倭文神社 倭文神社 倭文神社 倭文神社
倭文神社 倭文神社 倭文神社 倭文神社

スポンサーサイト

倭文神社(伊勢崎市):周辺・見所
華蔵寺 伊勢崎陣屋
赤城神社 泉龍寺
養寿寺 旧時報鐘楼
石山観音堂 宝珠寺
赤堀城 大雷神社
大国神社 伊勢崎神社
倭文神社 連取の松
赤城神社 森村家住宅
同聚院 相川考古館
いせさき明治館 伊勢崎教会
天増寺

上野国十二社
一宮:貫前神社 二宮:赤城神社
二宮:赤城神社 二宮:赤城神社
三宮:伊香保神社 四宮:甲波宿祢神社
五宮:大国神社 六宮:榛名神社
七宮:小祝神社 八宮:火雷神社
九宮:倭文神社 ・ 十宮:美和神社
十一宮:賀茂神社 十二宮:宇芸神社

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。