日光例幣使街道2

    群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)>日光例幣使街道
群馬県の街道
 ・ 中山道(上州路)
 ・ 三国街道
 ・ 日光例幣使街道
 ・ 姫街道
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
日光例幣使街道・歴史・観光・見所
日光例幣使街道概要: 日光例幣使街道は江戸幕府初代将軍徳川家康の霊廟を久能山から日光東照宮へ移され、そこへ朝廷から幣帛を奉献するための勅使が通る為に開削された街道です。東照宮の例祭である旧暦4月16日にあわせて京都を4月1日に出立し15日間の行程で日光に到着。持参した金の幣束を奉納し返りは日光街道から江戸に出て東海道を通り京都に戻るといった一連の行為を正保3年(1646)から慶応3年(1867)まで221年間続けられ1回の中止もなく継続されました。日光例幣使街道は一般的に中山道の倉賀野宿から日光三内である鉢石宿まで13宿を指し楡木宿からは日光西街道(壬生通り)と重複し、現在でも日光周辺には杉並木が残っていて国指定特別史跡、国指定特別天然記念物に指定され、世界最長の並木道としてギネスブックに登録されています。

スポンサーサイト

日光例幣使街道のルート
倉賀野宿−玉村宿−五料宿−柴宿−境宿−木崎宿−太田宿−八木宿−梁田宿−
天明宿−犬伏宿−富田宿−栃木宿−合戦場宿−金崎宿−楡木宿−奈佐原宿−
鹿沼宿−文挟宿−板橋宿−今市宿


中山道
日光例幣使街道
倉賀野宿
日光例幣使街道
玉村宿
日光例幣使街道
五料宿
日光例幣使街道
柴宿
日光例幣使街道
境宿
日光例幣使街道
木崎宿
日光例幣使街道
太田宿
日光例幣使街道
日光例幣使街道1

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。