伊香保温泉: 水沢寺(水澤観音)

  群馬県:歴史・観光・見所渋川市観光>水沢寺(水澤観音)
渋川市の見所
 ・ 真光寺
 ・ 福増寺
 ・ 桜森森八幡宮
 ・ 甲波宿祢神社
 ・ 金蔵寺
 ・ 杢ヶ橋関所
 ・ 白井宿
 ・ 白井城
 ・ 木曽三社神社
 ・ 子持神社
 ・ 雙林寺
 ・ 空恵寺
 ・ 不動の滝
 ・ 水沢寺
 ・ 棚下不動尊
 ・ 菅原神社
 ・ 津久田の人形舞台
 ・ 早尾神社
 ・ 堀口家住宅
 ・ 旧渋川信用組合
 ・ 渋川八幡宮
 ・ 若子神社
 ・ 入沢家住宅
 ・ 伊香保温泉
 ・ 伊香保神社
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
水沢寺(水澤観音)概要: 水沢寺の創建は推古天皇の時代(592〜628年)、上野国司高光中将が恵潅僧正(高麗の高僧)を招いて開山し自らの菩提所としたのが始まりと伝えられています。伝承によると高光中将の后である伊香保姫は高辺左大将家成の三女として生まれ、上には兄と2人の姉がいたそうです。実母は早くに死に別れ、父親と兄は京都に出仕し継母と姉4人で暮していましたが、継母は日頃から姉妹を恨みに思い、ある時、親戚の更科次郎兼光と図り姉妹を川に誘い溺死させようと画策しました。姉2人は溺れ死にましたが、伊香保姫は日頃から熱心に信仰していた千手観音に助けを求めると不思議な事に観音様の化身が出現し姫を助け出したそうです。その後、継母と兼光は罰せられ、姫が成長し高光中将に嫁いだ際、この話しを伝えると中将は恵潅僧正を招き姫の持仏である千手観音像を本尊とした水沢寺を開いたと伝えられています。その後、寺運が隆盛し境内には数多くの堂宇が建てられ、僧坊も擁しましたが持統天皇の時代(690〜697年)、当時の国司である柏階知隆と水沢寺の門徒がささいな事から対立し伝承では御堂30余棟、坊舎300余棟、仏像180余体が焼失したと伝えられています。伝承によると国司柏階知隆が狩を行った際、一匹の鹿が水沢寺本堂に逃げ込んだ為、それを取り囲み射殺しました。無用な殺生が行われ、境内を穢された事に反発した水沢寺の門戸達は鹿を手厚く葬ると共に、国司を境内から追い出しました。今度はその行為に怒った国司が大軍を引き連れ水沢寺を焼き討ちしたと伝えられています。その後、東円によって再興され寺運も隆盛しますが永正8年(1511)、大永2年(1524)の火災で多くの堂宇が焼失しています。江戸時代に入ると幕府から庇護され朱印状を賜り、伊香保温泉の湯治客や札所巡りの巡礼者が盛んになり再び隆盛しています。現在の水沢寺境内には天明7年(1787)に再建された観音堂や仁王門、六角二重塔がありそれぞれ渋川市指定重要文化財に指定されています。又、境内には江戸時代から作られていた「水沢うどん」を売る店が軒を連ね「日本三大うどん(水沢うどん・稲庭うどん・讃岐うどん)」に数えられています。坂東三十三観音霊場の第十六番札所(御詠歌:たのみくる 心も清き 水沢の 深き願いを うるぞうれしき)。宗派:天台宗。本尊:千手観世音菩薩。

水沢寺仁王門: 案内板によると「 この仁王門は、江戸時代、天明7年(1787)に完成したと思われる。三間一戸楼門で彫刻に彩色を施し、1階天井には江戸時代狩野派の絵師で「上野法眼」の称号を持つ狩野探雲の絵が見られる。近世建築特有の華麗さを遺憾なく発揮し、上下の均整のとれた楼門として、採光の位置を占める名建築である。 渋川市教育委員会」とあります。仁王門は入母屋、銅板葺、正面軒唐破風、三間一戸、八脚楼門、木部構造材は朱塗り、壁面部黒色塗り、彫刻部極彩色、上層部花頭窓付。

水沢寺観音堂: 案内板によると「 この観音堂は、本尊に千手観音をまつる坂東札所観音堂の典型的な様式である。江戸時代、天明7年(1787)の建築と思われ、正面向拝、棟唐破風は近世建築特有の華麗さを表し、全体的には中世の建築様式を残す手法を用いている。五間堂として県内でも重要な遺構である。 渋川市教育委員会」とあります。観音堂は宝形造、瓦葺、桁行5間、梁間5間、正面1間軒唐破風向拝付、外壁は木部朱塗り、彫刻部極彩色。

水沢寺六角堂二重塔: 案内板によると「 この六角堂二重塔は、地蔵堂、六角堂とも呼ばれ、六地蔵を六角輪転の台座に安置し、二層に大日如来を安置した独特の形式である。下層の1辺は2727メートル(9尺)、上層の1辺は1364メートル(4.5尺)と半減しており、上層柱間が下層柱間の2分の1となる多宝塔の木割に似ており、相輪も多宝塔形式に類似している。・・・(後略) 渋川市教育委員会 」とあります。

水沢寺観音杉: 案内板によると「 この杉は樹齢がおよそ700年と推定されている。目通り周囲5.14メートル、高さ38メートルの巨木である。 渋川市教育委員会 」とあります。

水沢寺
水沢寺
[ 付近地図: 群馬県渋川市 ]・[ 渋川市:歴史・観光・見所 ]
水沢寺(水澤観音) 水沢寺(水澤観音) 水沢寺(水澤観音) 水沢寺(水澤観音)
水沢寺(水澤観音) 水沢寺(水澤観音) 水沢寺(水澤観音) 水沢寺(水澤観音)
群馬県(ホーム)

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>渋川市」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。