みどり市: 岩宿遺跡

  群馬県:歴史・観光・見所みどり市観光>岩宿遺跡
みどり市の見所
 ・ 貴船神社
 ・ 岩宿遺跡
 ・ 神明宮
 ・ 穴原薬師堂
 ・ 高津戸峡
 ・ 松源寺
 ・ コノドント館
 ・ 岡直三郎商店
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
岩宿遺跡(みどり市)概要: 岩宿遺跡の発見は昭和21年(1946)考古学研究家相沢忠洋が黒曜石片を見つけたことに始まります。以前は1万年前には日本人が存在しなかったというのが定説で、1万年前に形成された関東ローム層の下では発掘調査は行われませんでした。岩宿遺跡ではその関東ローム層から多くの石器が発見したことから、日本では縄文時代以前の旧石器時代にも人々が生活を営んでいた事が初めて証明されました。昭和24年(1949)には相沢氏と明治大学とで合同調査が行われ正式に立証、岩宿遺跡では約2万年前だけだけでなく約3万年前の前期旧石器文化も存在することもわかりました。岩宿遺跡は昭和35年(1960)に群馬県指定史跡に指定、昭和54年(1979)に国指定史跡に指定、出土品は国指定重要文化財に指定されています。

スポンサーサイト

岩宿遺跡
石碑
[ 付近地図: 群馬県みどり市 ]・[ みどり市:歴史・観光・見所 ]
岩宿遺跡全景 岩宿ドーム 岩宿時代の植生復元 相沢忠洋銅像

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>みどり市>岩宿遺跡」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。