沼田市・歴史・観光

  群馬県:歴史・観光・見所>沼田市
群馬県・観光・見所
 ・ 前橋市
 ・ 桐生市
 ・ 伊勢崎市
 ・ 高崎市
 ・ 渋川市
 ・ 安中市
 ・ 中之条町
 ・ みなかみ町
 ・ 沼田市
 ・ 太田市
 ・ 藤岡市
 ・ 吉井町
 ・ 甘楽町
 ・ 富岡市
 ・ 館林市
 ・ 川場村
 ・ 下仁田町
 ・ みどり市
 ・ 沢渡温泉
 ・ 玉村町
 ・ 大泉町
 ・ 赤岩集落
 ・ 川原湯温泉
 ・ 南牧村
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
沼田市概要: 沼田市周辺は平安時代末期から沼田氏の本拠だった地域です。当初は荘田城を居城としましたが8代景朝の代に小沢城に移り、天文元年(1532)から沼田城に移ります。永禄12年(1569)に沼田氏の内紛に乗じ上杉氏が沼田領を支配しますが上杉謙信が死去すると上杉家も後継ぎ争いが生じ小田原北条氏が占拠します。天正8年(1580)に真田昌幸が沼田に侵攻し制圧後豊臣秀吉の仲裁により名胡桃城以南の沼田地域を北条方に譲渡しますが天正18年、沼田城主で北条家家臣猪俣邦憲が名胡桃城を急襲、これきっかけに豊臣対北条の関係が悪化し小田原の役が開始されます。小田原の役後、昌幸は上田城(長野県上田市)を居城として沼田城には嫡男である信幸を配し当地方の要とします。慶長5年(1600)に発生した関が原の合戦後は東軍に付いた真田信幸が9万5千石で沼田藩を立藩、元和8年(1622)に信幸が13万石で松代藩(長野県長野市松代)に移ると沼田市周辺(3万石程度)は沼田領として半独立領となり、信幸の弟である信政が領主となります。信利の代になると6男の信房と松代藩の家督相続争いが起き、結果信利が敗れた為、信房が真田宗家を継ぎ、信利は明暦4年(1658)に正式に沼田藩を独立させ3万石の大名に列しました。天和元年(1681)、信利は悪政と両国橋架け替えの材料調達の遅延を理由に改易されたことで一時天領となり、元禄16年(1703)本多正永が3万5千石で入封、その後、黒田氏、土岐氏と藩主が変わり明治維新を迎えています。

スポンサーサイト

沼田市
沼田市:町並み 沼田市:町並み 沼田市:町並み 沼田市:町並み
沼田市:町並み 沼田市:町並み 沼田市:町並み 沼田市:町並み

沼田市:神社・寺院・城郭

沼田城
沼田城
沼田城
生方家住宅
生方家住宅
生方家住宅
旧土岐家住宅
旧土岐家住宅(洋館)
旧土岐家住宅
旧沼田銀行
旧沼田貯蓄銀行
旧沼田貯蓄銀行
須賀神社
須賀神社
須賀神社
正覚寺
正覚寺
正覚寺
榛名神社
榛名神社
榛名神社
河内神社
河内神社
河内神社
弥勒寺
迦葉山弥勒寺
迦葉山弥勒寺
神明宮
神明宮
神明宮
東禅寺
東禅寺
東禅寺
常福寺
常福寺
常福寺
高平の書院
高平の書院
高平の書院
歌舞伎舞台
歌舞伎舞台
歌舞伎舞台
天桂寺
天桂寺
天桂寺
舒林寺
舒林寺
舒林寺

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>沼田市」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。