太田市: 金山城

  群馬県:歴史・観光・見所太田市観光>金山城
太田市の見所
 ・ 新井八幡宮
 ・ 大光院
 ・ 金龍寺
 ・ 金山城
 ・ 冠稲荷神社
 ・ 満徳寺
 ・ 明王院
 ・ 長楽寺
 ・ 世良田東照宮
 ・ 曹源寺(さざえ堂)
 ・ 総持寺
 ・ 照明寺
 ・ 生品神社
 ・ 正法寺
 ・ 反町館
 ・ 旧金山図書館
 ・ 永徳寺
 ・ 普門寺
 ・ 旧世良田町役場
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
金山城(太田市)概要: 金山城は文明元年(1469)に新田氏の一族である岩松家純が金山(標高:235.8m)の山頂付近に築いたのが始まりとされます。岩松氏は度々一族で対立した事で求心力を失い、変わって重臣で摂政となった横瀬氏が大きな影響力を持つ、享禄2年(1529)岩松昌純が横瀬泰繁の軍勢に殺害された事で事実上没落し横瀬氏(後の由良氏)が事実上実権を握ります。戦国時代の上野国は小中規模の国人領主が乱立し周辺の大大名である上杉氏、小田原北条氏、武田氏、佐竹氏などの草刈場的な様相を呈していた為、、由良氏も独立を保ちつつ度々主君を変え、他の国人領主達と縁組するなど領土安堵、拡大を図り金山城も随時、増改築していたと思われます。天正2年(1574)には5度に渡り上杉謙信の猛攻を耐えた事で難攻不落の名城として名を馳せますが、上野国は謙信が死去すると、後継者である上杉景勝から割譲された武田勝頼が、武田家が滅ぶと織田家家臣の滝川一益が、織田信長が本能寺の変で倒れると小田原北条氏と支配者が替わり、天正12年(1584)に由良氏が小田原北条氏の軍門に下る事で金山城は開城され、由良氏は桐生城へ移されます。その後、金山城には北条家の家臣が城主として赴任しましたが天正18年(1590)の小田原の役では、城主及び主力部隊は小田原城で籠城した為、金山城には一部しか残されず大きな抵抗出来ずに前田利家などの豊臣軍により攻略され、小田原城落城後に廃城になります。金山城は関東の山城では珍しく石垣を多用とした城で「関東七名城」(川越城・忍城・前橋城・金山城・唐沢山城・宇都宮城・多気城又は太田城)の1つに数えられ昭和9年(1934)に国指定史跡に指定、平成18年(2006)には日本100名城にも選定されています。金山城では通常の城では本丸に当たる城主の居館部を本城又は実城と呼び、約1万坪もあったとされます。その本城を中心に主要な郭が6箇所(本城・二ノ丸・三ノ丸・御台所曲輪・南曲輪)、腰郭が3箇所設置され、それぞれに土塁や堀切、石垣などが配され、外城(出城)として、西城・北城・八王子山砦がありました。大手門は高石垣による虎口で大手筋は石畳と石垣で構成され防御と権威、威嚇などの要素を含んでいたと思われます。籠城の備えとして小さな井戸が多数ある一方、日ノ池、月ノ池と呼ばれる大きな池があり用水である一方で信仰の対象にもなっていました。現在は発掘調査や資料などによる復元工事が行われ、往時の金山城の様子が再現されています。
金山城
大手虎口
[ 付近地図: 群馬県太田市 ]・[ 太田市:歴史・観光・見所 ]
西矢倉台堀切1 西矢倉台堀切2 西矢倉台堀切3 馬場下通路1 馬場下通路2 馬場下通路3
馬場下通路4 馬場下通路5 馬場下通路6 馬場曲輪1 馬場曲輪2 月ノ池
日ノ池 石段 本丸(天主曲輪) 本城(水ノ手郭) 南曲輪 三の丸
大手通路 檀状土塁1 石垣 大手虎口南上段曲輪 檀状土塁2 大堀切
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>太田市>金山城」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。