渋川市・歴史・観光

  群馬県:歴史・観光・見所>渋川市
群馬県・観光・見所
 ・ 前橋市
 ・ 桐生市
 ・ 伊勢崎市
 ・ 高崎市
 ・ 渋川市
 ・ 安中市
 ・ 中之条町
 ・ みなかみ町
 ・ 沼田市
 ・ 太田市
 ・ 藤岡市
 ・ 吉井町
 ・ 甘楽町
 ・ 富岡市
 ・ 館林市
 ・ 川場村
 ・ 下仁田町
 ・ みどり市
 ・ 沢渡温泉
 ・ 玉村町
 ・ 大泉町
 ・ 赤岩集落
 ・ 川原湯温泉
 ・ 南牧村
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
渋川市概要: 渋川市は古くから人々が住み着いた地域で瀧沢石器時代遺跡が国指定史跡に指定されている他、房谷戸遺跡出土の土器や道訓前遺跡出土品が国指定重要文化財に指定されています。古墳時代になると中ノ峯古墳や虚空蔵塚古墳など比較的小規模の円墳が築造され、黒井峯遺跡で見られるように古代集落が形成されました。中世は上野国守護代白井長尾家が渋川市白井を本拠にして台頭し、この地が周辺地域の軍事的、政治的、経済的な中心として栄え、後に白井文化圏などとも呼ばれました。戦国時代に入ると上杉氏、武田氏、小田原北条氏といった大大名により侵攻を受け、渋川市周辺も何度も戦場となります。天正18年(1590)に小田原北条氏が滅亡すると関東は徳川家康が領主になり、渋川市周辺は本多康重が2万石で入り白井藩を立藩、その後は、短期間で井伊直孝・西尾忠永・本多紀貞と何度も藩主が変わり元和9年(1623)本多紀貞に嗣子がなく白井藩は廃藩となりました。江戸時代に入り三国街道が開削されると長岡藩(7万石)、村松藩(3万石)、与板藩(2万石)の参勤交代で利用されただけでなく佐渡金山から江戸まで金を運ぶ街道として幕府からも重要視されました。渋川市では渋川宿をはじめ金井宿北牧宿横堀宿が宿場町として設置され多くの人達が利用し賑いました。又、白井城の城下町は引き続き白井宿として物資の集積地として発展し現在でも当時の名残を見せています。

スポンサーサイト

渋川市
渋川市:町並み 渋川市:町並み 渋川市:町並み 渋川市:町並み
渋川市:町並み 渋川市:町並み 渋川市:町並み 渋川市:町並み

渋川市:神社・寺院・城郭

真光寺
真光寺
真光寺
福増寺
福増寺
福増寺
八幡神宮
桜森八幡宮
桜森八幡宮
甲波宿祢
甲波宿禰神社
甲波宿禰神社
金蔵寺
金蔵寺
金蔵寺
杢ヶ橋関所
杢ヶ橋関所
杢ヶ橋関所
白井宿
白井宿
白井宿
白井城
白井城
白井城
木曽三社
木曽三社神社
木曽三社神社
子持神社
子持神社
子持神社
雙林寺
雙林寺
雙林寺
空恵寺
空恵寺
空恵寺
不動の滝
不動の滝
棚下不動の滝
棚下不動尊
棚下不動尊
棚下不動尊
伊香保温泉
伊香保温泉:歴史・観光・見所
伊香保温泉
伊香保神社
伊香保神社
伊香保神社
菅原神社
菅原神社
菅原神社
津久田舞殿
津久田の人形舞殿
津久田舞殿
早尾神社
早尾神社
早尾神社
ヒガンザクラ
桜森のヒガンザクラ
ヒガンザクラ
堀口家住宅
堀口家住宅
堀口家住宅
渋川信用
旧渋川信用組合
旧渋川信用組合
渋川八幡宮
渋川八幡宮
渋川八幡宮
入沢家住宅
入沢家住宅
入沢家住宅
若子神社
若子神社
若子神社
水沢寺
水沢寺
水沢寺
 
白
 
 
白
 
 
白
 
 
白
 

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>渋川市」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。