高崎市: 清水寺

  群馬県:歴史・観光・見所高崎市観光>清水寺

概要・歴史・観光・見所
清水寺(高崎市)概要: 華蔵山弘誓院清水寺は群馬県高崎市石原町に境内を構えている真言宗の寺院です。清水寺の創建は不詳ですが伝承によると平安時代初期の大同3年(808)坂上田村麻呂が蝦夷東征の為、当地まで軍を進めた際、京都東山の清水寺(京都府京都市東山区清水)から勧請して戦勝と武運長久を祈願したのが始まりと伝えられています。歴代領主から庇護され元禄5年(1692)には当時の高崎藩(藩庁:高崎城)の藩主安藤重博が狩野常信に命じて「龍頭二観音現出ノ図」と「能楽吉野詣ノ図」の2面の絵馬を奉納し、何れも昭和44年(1969)に高崎市指定重要文化財に指定されています。清水寺は庶民からも信仰され江戸時代後期の文化12年(1815)、関流小野良佐源栄重門人で上毛群馬郡板井村出身の斎藤四方吉藤原宣長(上州和算界の逸材、「算法円理鏡」著)が算額を奉納し、同じく昭和44年(1969)に高崎市指定重要文化財に指定されています。

清水寺山門は切妻、桟瓦葺き、三間一戸、八脚単層門、外壁は真壁造り板張り木部朱塗り、左右には仁王像が安置されています。本堂(大悲閣)は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行3間、正面1間向拝、外壁は真壁造り板張り木部朱塗り、内部には文化財指定されている絵馬や算額が掲げられ本尊である千手観音像が安置されています。正面左手にある田村堂には坂上田村麻呂の木像と共に元治元年(1864)に行われた下仁田戦争(水戸藩士が天狗党を結成後上洛を目指し西上、高崎藩はそれを阻止すべく現在の下仁田町付近で交戦となった。この戦いで高崎藩は36人の死者を出し敗退。)で犠牲になった高崎藩士36人の木像を安置しています。又、清水寺の参道にある「芭蕉花の雲句碑(高崎市指定重要文化財)」は天保13年(1842)、高崎出身の俳人、富所(志倉)西馬とが中心となり建立されたもので、貞亨3年(1686)芭蕉が深川の自宅から浅草寺を眺めながら詠んだ句、「観音の 甍みやりつ はなの雲」が書家巻菱湖(碑陰の文は牛久藩主:大内瀾長)の書によって刻まれています。由緒や形状などから県内最高峰の芭蕉句碑とされます。弘法大師高崎霊場 一番札所。上野国順礼札所三十四ヵ所34番札所。山号:華蔵山。院号:弘誓院。寺号:清水寺。宗派:真言宗豊山派。本尊:千手観世音菩薩。

清水寺:写真

清水寺
[ 付近地図: 群馬県高崎市 ]・[ 高崎市:歴史・観光・見所 ]
清水寺 清水寺 清水寺 清水寺
清水寺 清水寺 清水寺 清水寺

スポンサーサイト

清水寺(高崎市):周辺・見所
上野国一社八幡宮 箕輪城
延養寺 白岩長谷寺
向雲寺 高崎城
清水寺 小祝神社
龍広寺 大信寺
達磨寺 進雄神社
山名八幡宮 山ノ上碑
山上古墳 諏訪神社
板碑 頼政神社
榛名湖 榛名神社
榛名神社社家町
高崎藩 倉賀野宿
新町宿 金古宿
旧吉井町 吉井藩

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。