館林市 :旧上毛モスリン事務所

  群馬県:歴史・観光・見所館林市観光>旧上毛モスリン事務所

旧上毛モスリン事務所
旧上毛モスリン事務所
[ 付近地図: 群馬県館林市 ]・[ 館林市:歴史・観光・見所 ]
旧上毛モスリン事務所 旧上毛モスリン事務所 旧上毛モスリン事務所 旧上毛モスリン事務所
概要・由来・観光・見所
旧上毛モスリン事務所(館林市)概要: 上毛モスリン株式会社の事務所は明治43年(1910)に館林城の2之丸に建てられた擬洋風建築です。木造2階建て、入母屋、瓦葺き、1階床面積225u、2階床面積208u、玄関屋根と小庇が銅板葺き、基礎には花崗岩と大谷石が採用されています。外観は左右対称のシンメトリーで、外壁は下見板張りペンキ仕上げ(1階の金庫兼書庫は貴重品が収納された為、煉瓦造の耐火構造としています)、開口部は縦長の上げ下げ窓の採用、屋根にはドーマ、内部の4本の親柱はギリシャ神殿風のエンタシツ(柱の上部に従い寸法を縮める形式)、階段の手摺や手摺子、天井の意匠(照明上部が八角形のレリーフ風)など当時の洋風建築の要素を取り入れている一方工法的には和風建築を踏襲してて所謂擬洋風建築の1つと言えます。又、正面入口のポーチにはアーチや屋根妻面の意匠など正面性を演出しています。上毛モスリン株式会社は明治29年(1896)に設立した毛布織合資会社が前身で、当時当地方で盛んだった機織業を近代化し大量生産を図るべく工場を建設し最盛期には2000人の従業員が働いていました。その後、会社は変わるものの建物は残されていましたが平成4年(1992)に当時の神戸製絲が移転した際、旧上毛モスリン事務所以外は全て解体されました。旧上毛モスリン事務所(附:棟札)は館林市に数少ない擬洋風建築の遺構で当時の建築技術を伝えるものとして昭和53年(1978)に群馬県指定重要文化財に指定され昭和55年(1980)に現在地に移築保存されることになり、館林市第二資料館として一般公開されています。

 群馬県館林市観光・旅行見所ナビ:
館林城旧秋元家別邸尾曳稲荷神社旧田山家住宅旧上毛モスリン事務所八幡宮善導寺旧館林藩士住宅(武鷹館)青梅天満宮青龍神社
旧二業見番組合事務所大道寺外池商店毛塚記念館館林駅正田記念館竜の井
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>館林市>旧上毛モスリン事務所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。