館林市・歴史・観光

  群馬県:歴史・観光・見所>館林市
群馬県・観光・見所
 ・ 前橋市
 ・ 桐生市
 ・ 伊勢崎市
 ・ 高崎市
 ・ 渋川市
 ・ 安中市
 ・ 中之条町
 ・ みなかみ町
 ・ 沼田市
 ・ 太田市
 ・ 藤岡市
 ・ 吉井町
 ・ 甘楽町
 ・ 富岡市
 ・ 館林市
 ・ 川場村
 ・ 下仁田町
 ・ みどり市
 ・ 沢渡温泉
 ・ 玉村町
 ・ 大泉町
 ・ 赤岩集落
 ・ 川原湯温泉
 ・ 南牧村
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
館林市概要: 館林市は古くから開けていた地域で60基以上の古墳が存在したとされますが最大とされる山王山古墳や富士塚古墳などは全長50m前後の為、巨大な豪族とまではいかない勢力が分布していたと思われます。鎌倉時代になると幕府の御家人である佐貫氏が館林市周辺を支配しますが、時代が下るにつれて一族の舞木氏が台頭し、下克上の世になると舞木氏の被官赤井氏が取って代わります。赤井氏は館林城を居城とし、小田原北条氏と組みし勢力を広めていた為、関東管領を譲渡された上杉謙信と上野国諸侯と対立し永禄5年(1562)には上杉勢の侵攻により館林城は落城し、赤井氏は武蔵忍城に落ち延びていきました。謙信が死去すると小田原北条氏が支配し、天正18年(1590)の小田原の役で没落すると徳川家支配になり館林には重臣である榊原康政が10万石で入封し館林藩を立藩します。以後も東国の抑えの城として幕府から重要視され徳川綱吉を筆頭に松平氏、太田氏、井上氏、秋元氏など親藩や有力譜代大名が藩主を歴任し明治維新を迎えます。

スポンサーサイト

館林市
館林市:町並み 館林市:町並み 館林市:町並み 館林市:町並み
館林市:町並み 館林市:町並み 館林市:町並み 館林市:町並み
館林城
館林城
館林城
秋元家別邸
旧秋元家別邸
旧秋元家別邸
尾曳稲荷
尾曳稲荷神社
尾曳稲荷神社
田山家住宅
旧田山家住宅
旧田山家住宅
モスリン
旧上毛モスリン事務所
旧モスリン事務所
八幡宮
八幡宮
八幡宮
善導寺
善導寺
善導寺
旧館林藩士
旧館林藩士住宅
旧館林藩士住宅
青梅天満宮
青梅天満宮
青梅天満宮
青龍神社
青龍神社
青龍神社
旧二業見番
旧二業見番
旧二業見番
大道寺
大道寺
大道寺
外池商店
外池商店
外池商店
毛塚記念館
毛塚記念館
毛塚記念館
館林駅
館林駅
館林駅
正田記念館
醤油記念館
正田記念館
竜の井
竜の井
竜の井
 
白
 
 
白
 
 
白
 
群馬県:観光(ホーム)

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>館林市」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。