富岡市: 長学寺

  群馬県:歴史・観光・見所富岡市:歴史・観光・見所>長学寺

概要・歴史・観光・見所
長学寺(富岡市)概要: 長学寺の創建は不詳ですが弓削道鏡(奈良時代の法相宗の僧。孝謙天皇に寵愛された事から政治的にも大きな影響力があった。)が崇台山(標高:299m)の麓に薬師如来を勧請したのが始まりと伝えられています。平安時代初期の承和2年(835)、真済(京都高尾山神護寺の僧)が勅願により一切経を納める為当地を訪れた際、貫前神社の宮司より弓削道鏡縁の地がある事を教わると、そこに一切経を納め祝融山高尾寺として開山しました。鎌倉時代初期の建久4年(1193)には、曽我十郎五郎兄弟の死を悲しんだ虎御前(曾我祐成の妾、遊女)が信州善光寺(長野県長野市)へ詣でる途中この地を訪れ、兄弟の菩提を弔う為寺院を再興し長学寺に寺号を改称したそうです。その後も隆盛衰退を繰り返し応安2年(1369)には藤原氏が正法寺(岩手県奥州市水沢区)の通海良義禅師を招いて中興開山、永禄年中(1558〜1570年)には宝積寺九世儀山考が再興しています。元和2年(1616)に前田利孝が七日市藩の藩主になると歴代の菩提寺と定め、寺領30石を寄進するなど庇護し、寺運も隆盛します。境内には歴代七日市藩主前田家の墓碑である五輪塔が建てられ平成14年(2002)に富岡市指定史跡に指定されています(長学寺では2代利意・3代利廣・5代利英・6代利理・10代利和が葬られ大型五輪塔が建立されている他、附で過去帳、位牌、木像を所有しています)。又、虎御前が手植えしたと伝わる虎銀杏は推定樹齢約600年、樹高31m、根周り8.5m、枝張り東西27m、南北15mの巨木で平成10年(1998)に富岡市指定天然記念物に指定されています。寺宝である梵鐘(総高112cm、口径64cm)は室町時代に制作されたと推定され昭和33年(1968)に群馬県指定重要文化財に指定されています。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

長学寺:写真

長学寺
[ 付近地図: 群馬県富岡市 ]・[ 富岡市:歴史・観光・見所 ]
長学寺 長学寺 長学寺 長学寺
長学寺 長学寺 長学寺 長学寺

スポンサーサイト

長学寺(富岡市):周辺・見所
永心寺 龍光寺
長学寺 諏訪神社
富岡製糸場 妙義神社
小野農業倉庫 貫前神社
宇芸神社 旧茂木家住宅
七日市陣屋 蛇宮神社

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。