高崎市吉井町: 仁叟寺

  群馬県:歴史・観光・見所高崎市吉井町観光>仁叟寺

仁叟寺
仁叟寺
[ 付近地図: 群馬県高崎市吉井町 ]・[ 吉井町:歴史・観光・見所 ]
仁叟寺 仁叟寺 仁叟寺 仁叟寺
仁叟寺 仁叟寺 仁叟寺 仁叟寺
仁叟寺 仁叟寺 仁叟寺 仁叟寺
概要・由来・観光・見所
仁叟寺(高崎市吉井町)概要: 天祐山仁叟寺は高崎市吉井町神保に境内を構えています。仁叟寺の創建は室町時代の応永元年から正長元年(1394〜1428年)に当時の領主だった奥平貞訓によって開かれたのが始まりと伝えられています。当初は町内の奥平公田にありましたが大永2年(1522)に奥平貞能が現在地に移し堂宇を再建、直翁裔正禅師(雙林寺4世)を招いて改めて開山しています。三河に進出した奥平家宗家の後裔は後に長篠の戦いの戦功で名を馳せ、徳川家の譜代大名として確立、奥平信昌は徳川家康の長女・亀姫を正室に迎えた事で重用されています。その亀姫は奥平家と縁がある仁叟寺に寺領を寄進するなど庇護し、江戸時代に入ると幕府から庇護され三代将軍徳川家光より寺領25石が安堵されています。慶長7年(1602)吉井藩(藩庁:吉井陣屋)初代藩主菅沼定利が死去すると菩提寺に定められ墓碑が建立されましたが、その後玄太寺に移されています。歴代領主から庇護された事で寺運が隆盛し、境内には溝口信勝(旗本)や奥平貞訓(奥平城主)、長谷川淡路守、讃岐守(旗本)などの墓碑が建立されています。歴史的な背景から明治24年(1891)、政府内務省により古社寺保存の指定、昭和46年(1971)に境内一帯が吉井町(現高崎市)指定史跡に指定されている他、本堂(大永2年:1522年、入母屋、桟瓦葺、桁行13.5間、梁間9.5間)をはじめ、総門(寛文3年:1663年、切妻、桟瓦葺)、山門(宝暦11年:1761年、入母屋、桟瓦葺、楼門、三間三戸、八脚門)、鐘楼堂などの古建築物が平成17年(2005)に高崎市(旧吉井町)指定重要文化財に指定されています。又、境内のムクノキは仁叟寺を中興開山した直翁裔正禅師が手植したと伝わる名木で推定樹齢500年以上、樹高21.2m、目通り幹周4.8m、枝張り東西16m、南北18.9m、昭和27年(1952)に群馬県指定天然記念物に指定されています。山号:天祐山。院号:公田院。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦三尊像(高崎市指定重要文化財)。
群馬県:観光(ホーム)

 群馬県高崎市吉井町観光・旅行見所ナビ:
吉井陣屋吉井八幡宮辛科神社多胡碑法林寺仁叟寺玄太寺(厄除観音)延命密院長根城
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所>高崎市吉井町>仁叟寺」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。