由良成繁

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)>鳳仙寺(群馬県・桐生市)
【 菩提者 】 由良成繁は横瀬泰繁の子供として生まれ、当初は新田岩松家の家臣でしたが、享禄元年(1528)に主家である岩松守純の居城、金山城を奪取し新田荘を掌握、天文5年(1536)に「家中法度」「百姓仕置法度」を発布した事で国人領主として確立しています。小田原北条家の上野国侵攻により北条家に屈しましたが永禄3年(1560)以降は上杉謙信に従い永禄8年(1565)、由良姓に改称しています。永禄9年(1566)、白井城攻防戦で謙信が敗北した事で再び北条家に属し、永禄12年(1569)に成立した越相同盟では両家に好がある成繁が重要な役割を果たしています。元亀3年(1572)に桐生城(柄杓山城)、天正元年(1573)に館林城を攻略すると天正2年(1574)には子供である国繁に家督を譲り、成繁は桐生城に隠居、領内や城下町の整備を行うと共に、菩提寺である鳳仙寺(桐生市)を創建し、天正6年(1578)に死去すると鳳仙寺に葬られています。鳳仙寺境内には由良成繁の墓が残され桐生市指定史跡に指定されています。享年73歳。

【 寺  号 】 鳳仙寺
【 所在地 】 群馬県桐生市梅田町
【 創建年 】 天正2年(1574)
【 開  山 】 勅賜仏広常照禅師
【 開  基 】 由良成繁(戒名:鳳仙寺殿中山宗得大居士)
【 山  号 】 桐生山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦三尊
【 備  考 】 鳳仙寺由良成繁の墓(五輪塔1基、高さ125cm)−桐生市指定史跡−昭和46年
群馬県大名菩提寺
酒井家牧野康成秋元景朝秋元家榊原家小松姫真田信吉真田信守土岐家真田信利徳川忠長菅沼定利島家奥平家金井秀景織田家小幡家唐梅院・隆崇院大道寺政繁佐々木盛綱七日市藩前田家稲垣家藤原秀郷横瀬家・由良家新田義重世良田家・得川家脇屋義助本多家白井長尾家富岡家桐生家由良成繁
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。