龍海院(酒井家:菩提寺)

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)>龍海院(群馬県・前橋市)
【 菩提者 】 酒井家は三河国碧海郡酒井村又は三河国坂井郷出身の譜代大名で、鎌倉幕府の政所初代別当を務めた大江広元の後裔とも云われています。徳川家の中では松平家時代から従った最古参の家臣で、酒井忠則の娘婿として徳川家の祖となった松平親氏(時宗の僧・徳阿弥)を迎え、その子供達がそれぞれ松平家、酒井家を継いだ事から徳川家と酒井家は同族とも言えます(江戸時代以降に改竄、創作の可能性有)。松平親氏の子供である酒井広親の長男氏忠は左衛門尉家、次男家忠は雅楽頭家を起こし、前橋藩主となった酒井家は雅楽頭家の系統で大老四家の一つに数えられるなど幕政でも大きな影響力を持ちました。酒井重忠は天正18年(1590)に1万石で川越(埼玉県川越市)に入封し大名家としての地位を確立、雅楽頭酒井家の祖とも言われ、関ヶ原の戦いでも必然的に東軍に与しその功により慶長6年(1601)には3万3千石に加増され前橋藩(群馬県前橋市)を立藩しています。重忠は前橋城(当時の厩橋城)を近代的な城郭へと大改修し城下町や領内の整備を行い藩政の基礎を築きました。前橋藩主としては9代に渡り歴任にし2代忠世と4代忠清は大老、9代忠恭は老中首座を職し最大石高は15万2千石を有しました。龍海院(前橋市)は寛延2年(1749)、忠恭が姫路藩(兵庫県姫路市)に移封になった後も酒井家の菩提寺として維持され、歴代当主は参拝に訪れ庇護を続けました。龍海院の境内には前橋藩主酒井氏歴代墓地が残され前橋市指定史跡に指定されています。

【 寺  号 】 龍海院
【 所在地 】 群馬県前橋市紅雲町
【 創建年 】 享禄年間(1528〜32)
【 開  山 】 模外惟俊大和尚(当時は愛知県田原市にある長興寺の住職)
【 開  基 】 松平清康(徳川家康の祖父)
【 山  号 】 大珠山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦三尊
【 備  考 】 前橋藩主酒井氏歴代墓地−前橋市指定史跡−指定日:昭和39年
群馬県大名菩提寺
酒井家牧野康成秋元景朝秋元家榊原家小松姫真田信吉真田信守土岐家真田信利徳川忠長菅沼定利島家奥平家金井秀景織田家小幡家唐梅院・隆崇院大道寺政繁佐々木盛綱七日市藩前田家稲垣家藤原秀郷横瀬家・由良家新田義重世良田家・得川家脇屋義助本多家白井長尾家富岡家桐生家由良成繁
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。