崇福寺(織田家:菩提寺)

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)>崇福寺(群馬県・甘楽町)
【 菩提者 】 藩祖である織田信雄は織田信長の次男として生まれ、信長の天下統一への一翼を担い尾張・伊勢・伊賀の3カ国を領する100万石の大名として成長しました。天正10年(1582)、本能寺の変で信長と長男である信忠が自刃すると、成人し一定程度の実績がある信雄、又は3男信孝が相続することが無難と思われましたが羽柴秀吉の画策により信忠の遺児である三法師(織田秀信)が相続し信孝が後見人となりました。信孝は早くから秀吉と対立し天正11年(1583)に自刃、信雄は織田家最大勢力となり、秀吉と対立、天正12年(1584)には徳川家康と共に小牧・長久手の戦いを起しています。その後は秀吉に従い天正18年(1590)には小田原の役で一定の戦功を挙げましたが、事実上減封となる東海地方への移封を拒否した為に改易となっています。その後、1万8千石で復権するものの、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いで中立だった為に改易、慶長19年(1614)の大坂の陣で徳川方に与して再び復権し大和国宇陀郡3万石、上野国甘楽郡2万石が与えられています。上野国甘楽郡2万石は信雄の4男である信良が相続し小幡藩(群馬県甘楽町−小幡陣屋)を立藩、その後も信昌・信久・信就・信右・信富・信邦と藩主を歴任し織田信長の後裔である事から国主格が与えられています。明和4年(1767)、儒学者、思想家、兵学者である山県大弐が江戸幕府転覆の意義を高説した事で不敬罪として死罪、大弐の門弟の1人が小幡藩の家老・吉田玄番だった事から問題視され藩主である信邦は蟄居、養嗣子にされた信浮は高畠藩(山形県高畠町−高畠陣屋)に移封となり国主格も剥奪されています。実際は吉田玄番が山県大弐を小幡藩の顧問として迎えようと画策したところ当時の崇福寺(甘楽町)の住職が吹聴し、玄番の対立関係だったその他の家臣達が幕府を転覆するなどと問題を大きくすり替え為、幕府に露呈する事になったとされ、信邦にも妾腹に嫡子がいたにも係わらず認められず遠い親戚筋である信浮(柏原織田家の分家筋)を養子として迎えています。崇福寺の境内には織田氏七代の墓が残され甘楽町指定史跡に指定されています。

【 寺  号 】 崇福寺
【 所在地 】 群馬県甘楽郡甘楽町小幡
【 創建年 】 江戸時代中期
【 開  山 】
【 開  基 】 織田信久(小幡藩4代藩主)
【 山  号 】 小幡山
【 宗  派 】 臨済宗妙心寺派
【 本  尊 】
【 備  考 】 織田氏七代の墓(信雄・信良・信昌・信久・信就・信右・信富)−甘楽町指定史跡−指定日:昭和38年
群馬県大名菩提寺
酒井家牧野康成秋元景朝秋元家榊原家小松姫真田信吉真田信守土岐家真田信利徳川忠長菅沼定利島家奥平家金井秀景織田家小幡家唐梅院・隆崇院大道寺政繁佐々木盛綱七日市藩前田家稲垣家藤原秀郷横瀬家・由良家新田義重世良田家・得川家脇屋義助本多家白井長尾家富岡家桐生家由良成繁
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。