天桂寺(真田信吉:菩提寺)

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)>天桂寺(群馬県・沼田市)
【 菩提者 】 真田信吉は慶長2年(1597)、沼田領主真田信之の長男として生まれています。生母は信之の側室と思われる真田信綱(真田幸隆の長男)の娘説と正室である小松姫(大蓮院:本多忠勝の長女)説があります。これは、信吉が長男であるにも係わらず本領ではなく、沼田領(群馬県沼田市・本城:沼田城)3万石を与えられた事から側室の子供であったのではと推測されています。ただし、これは昌幸(信之の父)が上田城(長野県上田市)にいたのに対して信之が沼田領主だった関係に似ている事から、それ程深い意味ではなかったかも知れません。又、小松姫の子供と思われる弟の信政も側室の右京(出生不明)の子供説があり何とも言えません。信吉と信政が信之より早死にし、本来であれば信吉の息子である真田信利が本領(松代藩)を継ぐはずが信政の5男で幼少だった幸道が継いだ事も血脈に関係したのかも知れません(信利はこの処置を不服として御家騒動にまで発展、幕府の裁定により沼田藩主になるも、松代藩への羨望から悪政となり改易されています)。信吉は寛永11年(1634)、疱瘡によって江戸屋敷で死去、遺骸は沼田の迦葉山弥勒寺に運ばれ火葬され菩提寺である天桂寺(沼田市)に葬られました。享年42歳(又は40歳)、戒名「天桂院殿前河州大守月袖浄珊大居士」。又、長男である熊之助が幼少で沼田領を引き継ぎましたが寛永15年(1638)、享年7歳で死去し天桂寺境内に葬られたとも云われています(一般的には利根郡みなかみ町新巻に玄香院を創建し葬られたとも、江戸神田の吉祥寺に葬られたとも云われています)。天桂寺の境内には真田河内守信吉の墓が建立されており沼田市指定文化財に指定されています。

【 寺  号 】 天桂寺
【 所在地 】 群馬県沼田市材木町
【 創建年 】 室町時代中期
【 開  山 】
【 開  基 】
【 山  号 】 月宮山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 釈迦如来
【 備  考 】 真田河内守信吉の墓−沼田市指定文化財−指定日:昭和51年
群馬県大名菩提寺
酒井家(龍海院)牧野康成(養林寺)秋元景朝(元景寺)秋元家(光厳寺)榊原家(善導寺)小松姫(正覚寺)真田信吉(天桂寺)真田信守(舒林寺)土岐家(東禅寺)真田信利(迦葉山弥勒寺)徳川忠長(大信寺)菅沼定利(玄太寺)島家(法林寺)奥平家(仁叟寺)金井秀景(永泉寺)織田家(崇福寺)小幡家(宝積寺)唐梅院・隆崇院(大泉寺)大道寺政繁(補陀寺)佐々木盛綱(松岸寺)七日市藩前田家(長学寺)稲垣家(天増寺)藤原秀郷(宝珠寺)横瀬家・由良家(金龍寺)新田義重(大光院)世良田家・得川家(長楽寺)脇屋義助(正法寺)本多家(白井宿:源空寺)白井長尾家(空恵寺)富岡家(龍泉院)桐生家(西方寺)由良成繁(鳳仙寺)
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。