邑楽町: 長柄神社

  群馬県:歴史・観光・見所群馬県の神社建築>長柄神社

概要・歴史・観光・見所
長柄神社(邑楽町)概要: 当地方最古の神社で長柄郷を開いた長柄氏が自らの祖である事代主命を勧請したのが始まりと伝えられています。平安時代後期に上野国(現在の群馬県)の有力な神社を列記した「上野国神明帳」には正一位、長柄明神と記されていて邑楽郡一ノ宮として広く信仰を広め、元慶5年(881)には藤原長良の分霊を合祀しています。現在の本殿は江戸時代中期の安永8年(1779)に建立されたもので一間社、流造り、銅瓦棒葺き、全体に精巧な彫刻が施された華麗な建物で邑楽町指定重要文化財に指定されています。又、境内の桜エドヒガンは推定樹齢400年、樹高15m、枝張り東西13.8m、南北15.8、幹周2.2(2本に分かれている。2.25)mの巨木で邑楽町指定天然記念物に指定されています。鳥居の前には猿田彦神の石碑が建立されています。祭神:事代主命。

長柄神社:写真

長良神社
[ 付近地図: 群馬県邑楽町 ]・[ 群馬県の神社建築 ]
長良神社 長良神社 長良神社 長良神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。