大泉町: 小泉神社

  群馬県:歴史・観光・見所大泉町:歴史・観光・見所>小泉神社

概要・歴史・観光・見所
小泉神社(大泉町)概要: 小泉神社は群馬県邑楽郡大泉町城之内1丁目に鎮座しています。小泉神社の創建元慶7年(883)、当時の領主佐貫良綱の次男築比良基がこの地を開いた藤原長良の分霊を勧請したのが始まりと伝えられています。当初は長良明神と称し築比地宮原に鎮座、小泉城主富岡家など歴代領主に庇護されていましたが、天正18年(1590)、小田原の役の際、小泉城共々と兵火にあい、社殿や多くの社宝、記録など焼失しています。慶長16年(1611)に当時の領主、杉山三右衛門が庇護し現在地に遷座し社殿を再建、小泉の鎮守としました。明治時代初頭に発令された神仏分離令を経て、明治5年(1872)に小泉村の村社となり、明治45年(1912)に菅原神社など町内の神社を合祀して総社小泉神社と改称しています。

現在の本小泉神社殿は嘉永7年(1854)に建てられたもので一間社流造、銅板葺き、建物全体に精巧な彫刻を施し、特に向拝柱の双龍や壁面の源義経の逸話を模した透かし彫りなどは見ごたえがあります。小泉神社本殿及び彫刻は昭和58年(1983)に大泉町指定重要文化財に指定されています。祭神:藤原長良公、菅原道真公、外二十二柱の神。

小泉神社:写真

小泉神社
[ 付近地図: 群馬県大泉町 ]・[ 大泉町:歴史・観光・見所 ]
小泉神社 小泉神社 小泉神社 小泉神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。