千代田町: 宝林寺

  群馬県:歴史・観光・見所群馬県の寺院建築>宝林寺

概要・歴史・観光・見所
宝林寺(千代田町)概要: 宝林寺の創建は鎌倉時代末期の徳治元年(1306)に足利義満と関係が深かった大拙祖能禅師が開山したのが始まりと伝えられています。兵火などで一時衰退しましたが、後の5代将軍となる徳川綱吉が館林藩(藩庁:館林城)の藩主の際、潮音禅師を招いて中興開山し黄檗宗に改修、堂宇なども再建されました。その後、何度か火災により焼失再建を繰り返し、現在の堂宇は明治34年(1901)に再建されたものです。寺宝である梵鐘は寛文10年(1670)に館林城家老黒田信濃守が広済寺に寄進したものでしたが、広済寺が廃寺となり天和3年(1683)宝林寺に移されました。その後、江戸深川で広済寺が再建された事で所有権争いとなり解決したのは天保14年(1843)と実に160年間問題となりました。宝林寺梵鐘は昭和63年(1988)に千代田町指定重要文化財に指定され、国重要美術品にも指定されています。

宝林寺:写真

宝林寺
[ 付近地図: 群馬県千代田町 ]・[ 群馬県の寺院建築 ]
宝林寺 宝林寺 宝林寺 宝林寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。