六合村(中之条町): 龍沢寺

  群馬県:歴史・観光・見所群馬県の寺院建築>龍沢寺

概要・歴史・観光・見所
龍沢寺(旧六合村・中之条町)概要: 龍沢寺の創建は平安時代の天養元年(1144)、尼僧である妙全によって開かれたのが始まりと伝えられています。室町時代末期の永禄年間(1558〜1570年)に兵火により焼失し、文禄3年(1594)に湯本三郎右衛門によって再興され現在に至っています。境内正面には妙全尼が愛用の杉の杖を挿したものが根付いたと伝わる「妙全尼の逆さ杉(妙全杉)」があり地域を代表する古刹の歴史を感じさせてくれます。境内にある妙全杉は推定樹齢850年、樹高38m、目通り幹周6.0mあり昭和56年(1981)に六合村指定天然記念物に指定されています。山号:岩影山。宗派:曹洞宗。

本堂は木造平屋建て、銅板葺き、平入、桁行7間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。旧六合村にある赤岩集落は国伝統的建造物群保存地区に選定されています。

龍沢寺:写真

龍沢寺
[ 付近地図: 群馬県六合村(中之条町) ]・[ 群馬県の寺院建築 ]
龍沢寺 龍沢寺 龍沢寺 龍沢寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。