邑楽町: 神光寺

  群馬県:歴史・観光・見所群馬県の寺院建築>神光寺

概要・歴史・観光・見所
神光寺(邑楽町)概要: 神光寺の境内は鎌倉時代の文永2年(1265)に新田一族である中野景継が築いた居館跡と言われています。中野城は南北朝時代の延元3年(1338)に一度廃城となり戦国時代に改修されますが天正18年(1590)に再び廃城となります。神光寺の前身である善正寺は鎌倉時代末期の正和3年(1314)に持阿上人が開山し、江戸時代初期の寛永2年(1625)に前原から現在地に境内を移し寺号を「神光寺」と改称しています。境内には推定樹齢750年、樹高21m、根周り15m、目通り5.6m、枝張り東西20m、南北23mの大カヤがあり昭和54年(1979)に群馬県指定天然記念物に指定されています。山号:広学山。院号:等照院。宗派:浄土宗。

神光寺:写真

神光寺
[ 付近地図: 群馬県邑楽町 ]・[ 群馬県の寺院建築 ]
神光寺 神光寺 神光寺 神光寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。