木崎宿(太田市): 長命寺

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)日光例幣使街道木崎宿>長命寺

概要・歴史・観光・見所
長命寺(太田市)概要: 長命寺は日光例幣使街道の宿場町である木崎宿に境内を構えている古義真言宗の寺院です。古くから貴先神社の別当として祭祀を執り行っていました。長命寺の創建は延長3年(925)、その後何度も興隆荒廃を繰り返し慶長3年(1598)に再興されています。境内前に萱葺屋根の小堂には色地蔵尊が安置されていて平成12年(2000)に太田市(旧新田町)指定重要文化財に指定されています。本堂左前にある豊城塚は長命寺古墳と呼ばれる円墳で東西13m、南北16m、高さ2.5m、頂部には双体道祖神が建立されています。本堂は寄棟、桟瓦葺、平入、桁行6間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、内陣には本尊である大日如来像や阿弥陀如来像などが安置されています。

長命寺・写真

[ 付近地図: 群馬県太田市 ]・[ 太田市:歴史・観光・見所 ]
長命寺 長命寺 長命寺 長命寺
木崎宿:名所旧跡
貴先神社
貴先神社
貴先神社
医王寺
医王寺
医王寺
長命寺
長命寺
長命寺
色地蔵
色地蔵
色地蔵


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。