高崎市吉井町: 延命密院

  群馬県:歴史・観光・見所高崎市吉井町:歴史・観光・見所>延命密院

概要・歴史・観光・見所

延命密院(高崎市吉井町)概要: 上野山延命密院は群馬県高崎市吉井町吉井川甲に境内を構えている真言宗豊山派の寺院です。延命密院の創建は室町時代の延徳2年(1490)に当時の関東管領である上杉顕定が慈尊阿闍梨を招いて開山したのが始まりと伝えられています。

江戸時代に入ると幕府から庇護され、慶安2年には3代将軍徳川家光から寺領安堵の朱印状を賜っています。歴代領主からも庇護され溝口勝信から寺領が寄進されています。当初は延命院と号していましたが、明治時代に入り正覚寺、蓮勝寺、泉福寺を合併した事で寺号を延命密院に改めています。

小高い丘の上に建立され長く緩い石段の参道は情緒を感じます。山門は切妻、桟瓦葺、一間一戸、薬医門(中心付近より少し前に2本の本柱、後方に2本の控え柱)、棟瓦を高く上げ、棟止瓦には鬼瓦が採用され格式が感じられます。

延命密院本堂は明治3年(1870)火災で焼失後の明治28年(1895)に再建されたもので、木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺、桁行6間、正面1間向拝付、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、華美な意匠は見られないものの格式が感じられる重厚な建物です。近くには火打鍛冶職中野孫三郎一族墓(9基)があり昭和62年(1987)に高崎市指定史跡に指定されています。山号:上野山。宗派:真言宗豊山派。本尊:延命地蔵菩薩。

延命密院:写真

延命密院
[ 付近地図: 群馬県高崎市吉井町 ]・[ 吉井町:歴史・観光・見所 ]
延命密院 延命密院 延命密院 延命密院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。※プライバシーポリシーはこちらです。