みなかみ町: 雲越家住宅

  群馬県:歴史・観光・見所みなかみ町観光>雲越家住宅

概要・歴史・観光・見所
雲越家住宅(みなかみ町)概要: 雲越家住宅は群馬県利根郡みなかみ町藤原に位置している古民家です。雲越家住宅は江戸時代末期に建てられた農家建築で、木造平屋建て、茅葺、平入、直屋造り、外壁は真壁造り板張り(妻面は白漆喰仕上げ)。屋根形式は寄棟ですが、通風と採光の為に屋根の両端が切り落とされ、兜造り(見た目が侍がかぶった兜の形に似ているから名付けられた。主に東日本に分布し)のような形状をしています。又、棟は「クレグシ」と呼ばれる芝棟(草と土の重みで屋根を押える形式)で煙り出しが付けられています。旧主だった雲越仙太郎翁は明治時代から自給自足の生活を行い昭和55年(1980)、84歳で亡くなるまでその生活スタイルは崩さなかった人と言われています。その為、住宅も江戸時代から大きな増改築をせず近年まで住み続けた奇跡的な建物と言えます。現在は民俗資料館(仙太郎のやかた)として一般公開され内部には当時の農機具等が多数展示されています。雲越家住宅は江戸時代末期の茅葺の農家建築の遺構として大変貴重な事から平成9年(1997)に国指定有形民俗文化財に指定されています。

雲越家住宅:写真

雲越家住宅
[ 付近地図: 群馬県みなかみ町 ]・[ みなかみ町:歴史・観光・見所 ]
雲越家住宅 雲越家住宅 雲越家住宅 雲越家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。