太田市: 曹源寺(さざえ堂)

  群馬県:歴史・観光・見所太田市観光>曹源寺(さざえ堂)
太田市の見所
 ・ 新井八幡宮
 ・ 大光院
 ・ 金龍寺
 ・ 金山城
 ・ 冠稲荷神社
 ・ 満徳寺
 ・ 明王院
 ・ 長楽寺
 ・ 世良田東照宮
 ・ 曹源寺(さざえ堂)
 ・ 総持寺
 ・ 照明寺
 ・ 生品神社
 ・ 正法寺
 ・ 反町館
 ・ 旧金山図書館
 ・ 永徳寺
 ・ 普門寺
 ・ 旧世良田町役場
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
 ・ 
概要・歴史・観光・見所
曹源寺(さざえ堂)概要: 曹源寺は群馬県太田市東今泉町に境内を構えています。曹源寺の創建は文治3年(1187)に新田氏の祖となった新田義重が祥寿姫の菩提を弔う為、六角堂を造営したのが始まりとされ新田家歴代の祈願所としました。建武2年(1335)、新田義貞が天真祖英禅師を招いて改めて寺院として開山、新田家没落後は一族とされる横瀬氏(後の由良氏)が中興開基し、文安元年(1444)には横瀬貞俊が本堂を再建し、天正13年には北条氏政により禁制を発布しています。江戸時代に入ると曹源寺は幕府から庇護され慶安2年(1649)には三代将軍徳川家光から朱印状14石5斗を賜り源氏の後裔とされる諸大名から庇護されました。寛政5年(1793)に火災で焼失した跡地に建てられたのが現在の本堂(当時は仏殿として建てられましたが嘉永5年:1852年に本堂が焼失し、その後は本堂として利用されています)で、本尊(魚藍観世音菩薩)を中心に右回りで3回ると同じ道を通らなくても元の位置に戻るという独特な構造で、その形状から「さざえ堂」と呼ばれています。曹源寺本堂は木造3階建、2重宝形造、桁行9間(16.3m)、梁間9間(16.3m)、高さ16.8m、棟梁は関東の名工町田兵部栄清(京都吉田家門下、龍舞出身)、回廊上には西国三十三所(3階)・坂東三十三箇所(2階)・秩父三十四箇所(1階)を合わせた百観音が安置され、回り切ると全ての観音様を参拝した事になります。現存する「さざえ堂」としては最大規模を誇り飯盛山さざえ堂(福島県会津若松市)、成身院(埼玉県児玉町)とともに日本三さざえ堂に数えられています。曹源寺さざえ堂は昭和52年(1977)に群馬県指定重要文化財に指定されています。曹源寺山門は切妻、桟瓦葺き、三間一戸、八脚単層門、外壁は朱塗り、左右には仁王像が安置されています。上州太田七福神(布袋尊)、関東百八地蔵尊第20番、新上州33観音霊所第7番礼所、新田秩父観音霊場24番。宗派:曹洞宗。本尊:阿弥陀如来。

スポンサーサイト

曹源寺(さざえ堂)
曹源寺(さざえ堂)
[ 付近地図: 群馬県太田市 ]・[ 太田市:歴史・観光・見所 ]
曹源寺(さざえ堂) 曹源寺(さざえ堂) 曹源寺(さざえ堂) 曹源寺(さざえ堂)
曹源寺(さざえ堂) 曹源寺(さざえ堂) 曹源寺(さざえ堂) 曹源寺(さざえ堂)

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。