館林市: 旧二業見番組合事務所

  群馬県:歴史・観光・見所館林市:歴史・観光・見所>旧二業見番組合事務所

概要・歴史・観光・見所
旧二業見番組合事務所(館林市)概要: 旧二業見番組合事務所は群馬県館林市本町二丁目に位置しています。この建物は昭和13年(1938)に芸妓屋業と料亭業の二業を取り仕切る事務所として建てられたもので、木造2階建、入母屋、桟瓦葺、妻入、外壁は1階が下見板張、2階が真壁造、白漆喰仕上げ、延床面積約390u。正面は左右対称で両側を前に出させる事で切妻屋根が重なるようにし、2階には手摺を廻し楼閣風の意匠にしています。玄関は大きな唐破風屋根を設えて建物を強く印象付けると同時に利用するお客様にとって非日常空間を演出する効果があったように思われます。その他にも花を模った止め瓦や照明、土間のタイル、折り上げ天井、懸魚などなど細やかな意匠や工夫が随所に施されてます。2階には芸妓さんの練習舞台があり3方の壁には松や竹が描かれ当時の華やかな空間が残されています。旧二業見番組合事務所は所謂、料亭建築で、外観や内部の細かな意匠に至るまで通常の町屋建築や農家建築、武家屋敷には無いある種の艶っぽさが感じられます。

現在は本町二丁目東区民会館として利用され、編集時点では文化財等には指定されていませんが長く保存活用してもらいたい建物の1つです。※「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から平成28年(2016)に国登録有形文化財に登録されています。

旧二業見番組合事務所:写真

旧二業見番組合事務所
[ 付近地図: 群馬県館林市 ]・[ 館林市:歴史・観光・見所 ]
旧二業見番組合事務所 旧二業見番組合事務所 旧二業見番組合事務所 旧二業見番組合事務所


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。