館林市: 正田記念館

  群馬県:歴史・観光・見所館林市:歴史・観光・見所>正田記念館

概要・歴史・観光・見所
正田記念館(館林市)概要: 正田記念館(店舗兼宅邸)は2代正田文右衛門が嘉永6年(1853)に建てられた建物で本社屋として昭和61年(1986)まで使用されてきました。建物は木造2階建て、切妻、瓦葺、平入、桁行8間、梁間3間半、建築面積191u、棟梁は栗原藤右衛門、館林市内に残る数少ない江戸時代の建物として貴重で平成16年(2004)に「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしている事から国登録有形文化財に登録され、現在は正田記念館として一般公開されています。正田記念館は同じ敷地内にある正田稲荷神社(天保年間:1830〜1844年建築、切妻、桟瓦葺、桁行3間、梁間2間、建築面積22u、棟梁:三村正利)、文書蔵(文久元年:1861年建築、土造2階建、切妻、妻入、桁行2.3間、梁間2間、漆喰塗、建築面積19u)、正田醤油六号蔵(明治41年:1908年、土蔵造平屋建、入母屋、鉄板葺、桁行30間、梁間8間、建築面積857u)、正田醤油七号蔵(明治44年:1911年、土蔵造平屋建、切妻、スレート葺、桁行20間、梁間8間、建築面積562u)、正田醤油八号蔵(大正時代、木造平屋建、瓦葺、桟瓦葺、桁行52間、建築面積1479u)も同様に「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との登録基準を満たしている事から国登録有形文化財に登録されています。

正田記念館:写真

醤油記念館
[ 付近地図: 群馬県館林市 ]・[ 館林市:歴史・観光・見所 ]
醤油記念館 醤油記念館 醤油記念館 醤油記念館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。