富岡市: 永心寺

  群馬県:歴史・観光・見所富岡市:歴史・観光・見所>永心寺

概要・歴史・観光・見所
永心寺(富岡市)概要: 道法山永心寺の創建は2代七日市藩(藩庁:七日市陣屋)の藩主前田利意が祖母である明運尼(戒名:明運院殿照誉永心大禅師定尼)の菩提を弔う為に開いたものです。明運尼は生前「幸和」といい、前田利家(加賀藩祖、前田家初代、五大老)の側室で、文禄3年(1594)に初代藩主利孝を生み、慶安元年(1648)に七日市で死去しています。永心寺は七日市陣屋の陣屋町の東側の入口付近にあり、城下の防衛ラインの一角として考えられたように思います。境内には明運尼の墓碑で高さ362センチの宝篋印塔が建立、位牌堂には厨子に納められた立派な位牌が安置されていて、名称「前田利孝生母明運尼の墓、位牌」として平成14年(2002)に富岡市指定重要文化財に指定されています。又、寺宝である祐天名号掛け軸(附:利剣名号掛け軸)が平成16年(2004)に富岡市指定重要文化財に指定されています。新上州三十三観音霊場第20番札所(札所本尊:聖観音)。山門は切妻、桟瓦葺の朱色の高麗門。本堂は寄棟、桟瓦葺、桁行6間、正面向拝付。鐘楼は入母屋、桟瓦葺。山号:道法山。宗派:浄土宗。本尊:阿弥陀如来。

永心寺:写真

永心寺
[ 付近地図: 群馬県富岡市 ]・[ 富岡市:歴史・観光・見所 ]
永心寺 永心寺 永心寺 永心寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。