吉井藩

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)姫街道(下仁田街道)>吉井藩

概要・歴史・観光・見所
吉井藩概要: 天正18年(1590)、徳川家康の関東移封に伴い、徳川家家臣菅沼定利が2万石で吉井周辺を領したことが始まりです。吉井の地は信濃国伊那郡に通じる姫街道(下仁田街道)沿いに位置していた事から、伊那郡の旧代官的立場で信任の厚かった定利が配されたと思われます。慶長5年(1600)、定利は徳川秀忠に従軍し中山道を西上、第二次上田合戦にも参加しています。慶長7年(1602)に定利が死去すると奥平家から迎えた養子である忠政が継ぎましたが、同年、忠政の実父である奥平信昌が美濃国加納藩(現在の岐阜県岐阜市)の藩主を隠居すると、その跡を継いだ為、吉井藩は一時廃藩となります。その後、天領を経て天和2年(1682)に堀田正休が1万石で入封し吉井藩を再立藩、元禄11年(1698)に近江宮川藩(現在の滋賀県長浜市宮司町)にされると再び廃藩となります。宝永6年(1709)、名門である鷹司松平家である松平信清は3千石を加増されたことで1万石となり改めて吉井藩(当時は藩庁を矢田に置いていた為矢田藩と称されていた。)を立藩します。鷹司松平家は公家鷹司家の血統をもつ名門で小大名ながら国主格として処遇されてましたが藩政は厳しく倹約令が度々出されます。9代藩主松平信発の代に矢田から吉井に藩庁を移し名実共に吉井藩になっています。戊辰戦争の際は親藩ながら新政府軍に属し、当時の藩主松平信謹は名を吉井に改めています。

吉井藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代菅沼定利1590〜16022万石 
2代菅沼忠政16022万石 
天領1602〜1682 
初代堀田正休1682〜16981万石 
天領1698〜1709 
初代松平信清1709〜17241万石 
2代松平信友1724〜17601万石 
3代松平信有1760〜17711万石 
4代松平信明1771〜17751万石 
5代松平信成1775〜18001万石 
6代松平信充1800〜18031万石 
7代松平信敬1803〜18411万石 
8代松平信任1841〜18471万石 
9代松平信発1847〜18651万石 
10代吉井信謹1865〜18791万石 

吉井藩:城下町並み・写真

吉井藩:城下町並み 吉井藩:城下町並み 吉井藩:城下町並み 吉井藩:城下町並み
吉井藩:城下町並み 吉井藩:城下町並み 吉井藩:城下町並み 吉井藩:城下町並み
吉井藩:名所・旧跡
吉井陣屋
吉井陣屋
吉井陣屋
藩主縁
玄太寺
玄太寺
代官菩提寺
法林寺
法林寺
仁叟寺
仁叟寺
仁叟寺
吉井八幡宮
吉井八幡宮
吉井八幡宮
辛科神社
辛科神社
辛科神社
延命密院
延命密院
延命密院
 
吉井藩
 

スポンサーサイト

群馬県の城下町
高崎藩 前橋藩
館林藩 沼田藩
吉井藩 小幡藩
安中藩 七日市藩
伊勢崎藩 総社藩

姫街道:宿場町
・ 借宿 ・ 初鳥屋宿
本宿 下仁田宿
宮崎宿 一ノ宮宿
七日市城下 富岡宿
福島宿 吉井城下
藤岡宿  ・ 
 ・   ・ 
小幡城下 砥沢宿

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。