甘楽町: 矢羽橋・分水路(雄川堰)

  群馬県:歴史・観光・見所甘楽町:歴史・観光・見所>矢羽橋・分水路(雄川堰)

概要・歴史・観光・見所
矢羽橋・分水路(甘楽町)概要: 案内板によると「 この矢羽橋は破魔矢の意味を持ち、矢羽橋・分水路織田時代の厄除けとして鬼門を指している橋です。また、道の反対側には分水路が見られ、矢羽橋・分水路これは雄川の小堰であり各家臣の水を送るたまに建てられた逆水路で当時の土木技術が偲ばれます。 甘楽町」とあります。橋としては利用されていませんが水路には現在でも豊富な水が流れ込み当時の様子が窺えます。現在では少なくなりましたが小幡藩(藩庁:小幡陣屋)に属する武家屋敷の松浦家住宅(群馬県指定史跡)の敷地にも水路が引き込まれているなど往時は生活と大変密着した存在だった事が窺えます。

矢羽橋・分水路(雄川堰):写真

矢羽橋・分水路
[ 付近地図: 群馬県甘楽町 ]・[ 甘楽町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。