小幡陣屋

  群馬県:歴史・観光・見所甘楽町:歴史・観光・見所>小幡陣屋(楽山園)

概要・歴史・観光・見所
小幡陣屋(楽山園)概要: 小幡陣屋(群馬県甘楽町)は江戸時代初期の寛永19年(1642)、小幡藩3代藩主織田信昌によって築かれた陣屋です。織田家は、天下統一寸前まで邁進したものの、天正10年(1582)の本能寺の変で命を絶った織田信長の2男織田信雄が祖とする家柄です。織田信雄は家臣格である羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)との関係悪化から領地100万石が取り上げられ一大名へと転落、さらに慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いでは傍観を徹したようでその咎により改易となりました。元和元年(1615)、信雄は大坂の陣の功により大和国宇陀郡3万石、上野国甘楽郡2万石、合計5万石が与えられ諸侯に復権、元和3年(1617)信雄の四男織田信良が甘楽郡2万石を受け継ぎ小幡藩を立藩し初代藩主となりました。初代藩主織田信良と2代藩主織田信昌は隣接する福島(上州姫街道:下仁田街道の宿場町である福島宿の一角、現在の上信電鉄上州福島駅付近)に陣屋を設けて藩庁としていましたが、3代織田信昌は寛永6年(1629)に小幡村の旧小幡氏重臣熊井戸対馬守正満の屋敷に移り、寛永19年(1642)に小幡陣屋の完成をもって藩庁、藩主居館を小幡陣屋に遷しています(諸説有り)。

当時の信雄系織田家は織田信長の後裔という事もあり2万石でありながら国持大名の格式でしたが、本来許される大規模な城郭は設けず石高に見合った規模に留め、庭園だけは本格的な大名庭園として作庭しました。背後の雄川を掘に見立て小幡陣屋は内郭、外郭のみで前面に土塁と空堀を設けただけの防衛施設としてはかなり物足りない印象を受けます。ただし、町割りには工夫も見られ城下内には複雑な水路が迷路のように張り巡らされています。その後、小幡陣屋は明和4年(1767)に織田信邦が明和事件に連座して強制蟄居の身となり跡を継いだ実弟の織田信浮が出羽高畠(山形県高畠町)に移封するまで7代(信良・信昌・信久・信就・信右・信富・信邦)にわたり織田氏の居城となりました。明和事件とは、甲斐(山梨県)出身で儒学者、思想家、兵学者だった山県大弐が幕府に対して批判的な言論をした事を受けて関係者が断罪された事件で、小幡藩の家老吉田玄蕃は山県大弐の弟子として知られ、多くの小幡藩士も影響を受けていた事から、政敵だった他の家臣からその関係性を密告され藩主である信邦も連座するに至りました。織田家移封後は松平忠恒が上里見藩(群馬県高崎市里見郷)から2万石で入封し以後、4代松平家(忠恒・忠福・忠恵・忠恕)が藩主を歴任し明治維新を迎えています。小幡陣屋の遺構としては楽山園以外は殆どありませんでしたが、近年、中門や土塁、十五間長屋(木造平屋建、寄棟、茅葺)、井戸などが復元され往時姿を見る事が出来ます。

【 楽山園 】-楽山園は小幡藩の藩祖織田信雄が作庭したとも云われる大名庭園で、信雄は茶人でもあった為、小幡陣屋は戦略的というよりも芸術的要素を強く盛り込んだ構成で大きな池を中心に茶室や築山などを配した回遊式庭園は背後の熊倉山や紅葉山と一体となる借景の手法をとっています。楽山園という名称は論語の「知者ハ水ヲ楽シミ、仁者ハ山ヲ楽シム」から名付けられたそうです。楽山園は江戸時代初期の大名庭園が残る貴重なものとして平成12年(2000)に国指定名勝に指定されています。楽山園内にあるウメは推定樹齢約180年、樹高約10m、東幹周1.70m、東根回り1.91m、西幹周1.62m、西根回り1.58m、町を代表するウメの古木として貴重な事から平成3年(1991)に甘楽町指定天然記念物に指定されています。

【 小幡陣屋の縄張り 】-小幡陣屋は大きく主郭、外郭の2郭で構成され、主郭は東西最大約230m、南北最大約230m、外郭は東西約600m、南北約760m、周囲約2900m、 面積約34ha、背後(西側)の雄川を天然の堀に見立て、主郭と外郭とは内堀と土塁によって隔てられています。主郭には藩庁と藩主居館が設けられ、外郭の手前には武家町が町割され、鍵型の道筋や水路により陣屋の防衛を担っていたと思われます。陣屋内部には60余りの施設、鎮守社(神社)2社が境内を構えていたとされ、水路となる雄川堰の外側には商家町が町割されています。嘉永元年(1848)に松平忠恵が城主格に格上げされ、形式上は「城」になりましたが城郭としての大規模な拡張は行われず、明治維新後に小幡藩が廃藩になると廃城となっています。

【 小幡陣屋の城下町 】-現在でも武家町には高橋家住宅(石垣は甘楽町指定文化財、庭園は甘楽町指定名勝)や松平家大奥(庭園は甘楽町指定名勝)や山田家住宅(喰い違い郭:屋敷の入口部を城郭の枡形のような形状とした形式・甘楽町指定文化財)、柴田家住宅(中小路の石垣として甘楽町指定文化財)などの武家屋敷が残され、やや離れた場所に屋敷を構える旧松浦家住宅は主屋、庭園などが残され群馬県指定史跡に指定されています。又、周辺に織田家の菩提寺だった崇福寺(織田氏七代の墓)や小幡陣屋の北東に位置し鬼門鎮守だった小幡八幡宮などがあり、雄川堰沿いには養蚕農家建造物が軒を連ね城下町らしい町並みが残されています。

小幡陣屋(楽山園・城門・長屋):写真

小幡陣屋(楽山園)の全景
[ 付近地図: 群馬県甘楽町 ]・[ 甘楽町:歴史・観光・見所 ]
小幡陣屋の復元された十九間長屋 小幡陣屋の復元された土塁 小幡陣屋の腰巻石垣 小幡陣屋(楽山園)の復元された庭門
小幡陣屋(楽山園)の北裏門跡 小幡陣屋(楽山園)の復元された土塁と腰巻石垣 小幡陣屋(楽山園)の復元された井戸 小幡陣屋(楽山園)の昆明池
小幡陣屋(楽山園)の昆明池全景 小幡陣屋(楽山園)の昆明池全景 小幡陣屋(楽山園)のウメ 小幡陣屋の大手門礎石


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。