中之条町: 吾妻神社

  群馬県:歴史・観光・見所中之条町:歴史・観光・見所>吾妻神社

概要・歴史・観光・見所
吾妻神社(中之条町)概要: 吾妻神社は群馬県吾妻郡中之条町横尾に鎮座している神社です。吾妻神社の創建は不詳ですが伝承によると上古の時代(大和時代から大化の改新頃)だったとされ、当初は和利宮と称し御手洗山の山頂付近(現在の伊勢町)に鎮座していたそうです。歴代領主に信仰され、特に中世、当地域を支配していた塩谷氏が篤く信仰し弘治2年(1556)、参拝に不便だった事から遥拝所があった現在地(横尾)に遷しています。文化9年(1812)4月19日の火災により多くの社殿、社宝、記録などが失われ、文政4年(1821)に再建されたました。当初は吾妻七社明神(子持山・嵩山・鳥頭宮・山代明神・半手本明神・駒形明神・白専馬明神)の1社(嵩山に加若次郎和利が祭神として祀られていたとも)で和利宮や和流宮、割宮などと称していましたが明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され周辺町内の多くの産土神(151柱)を合祀した事で吾妻神社に改称し昭和3年(1928)には郷社に列しています。

現在の吾妻神社本殿は江戸時代後期の建物で三間社流れ造り、銅板葺き、細部には精巧な彫刻や木組が見られます。拝殿は木造平屋建て、入母屋、銅板葺き、平入、桁行4間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り板張り、正面屋根には大きな千鳥破風が設えています。境内は広く神門(入母屋、鉄板葺、三間一戸、八脚門)や神楽殿(入母屋、鉄板葺、妻入、桁行2間、梁間3.5間)なども配され、拝殿には奉納された多くの絵馬(天保8年:1837年)や句額(文政6年:1823年)、算額(明治11年:1878年)があり、当時の俳人や民間信仰の様子が解る貴重なものとして平成6年(1994)に中之条町の重要文化財に指定されています。祭神:大穴牟遅命(大国主命)。

吾妻神社:写真

吾妻神社
[ 付近地図: 群馬県中之条町 ]・[ 中之条町:歴史・観光・見所 ]
吾妻神社 吾妻神社 吾妻神社 吾妻神社
吾妻神社 吾妻神社 吾妻神社 吾妻神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。