中之条町: 清見寺

  群馬県:歴史・観光・見所中之条町:歴史・観光・見所>清見寺

概要・歴史・観光・見所
清見寺(中之条町)概要: 清見寺の創建は室町時代の長禄2年(1458)に開かれたの始まりと伝えられ、当時は西見寺と称し西中之条の地にありました。永禄年間(1558〜1569年)に兵火により堂宇が焼失して一時衰退しますが、当時の領主鹿野和泉守が開基となって崇誉岌山上人を招いて中興開山し現在地に堂宇を再建しています。江戸時代中期の正徳年中(1711〜1715年)に清見寺に改称し、宝暦年間(1751〜1763年)に境内の整備が行われ多くの堂宇が再建、現在に見られるような寺姿になりました。境内には古木、大木が多く、名称「清見寺の境内木」として平成6年(1994)に中之条町指定天然記念物に指定されています。新上州三十三観音霊場第26番札所としても信仰を広めています(札所本尊:聖観世音菩薩)。宗派:浄土宗。本尊:阿弥陀如来。

清見寺:写真

清見寺
[ 付近地図: 群馬県中之条町 ]・[ 中之条町:歴史・観光・見所 ]
清見寺 清見寺 清見寺 清見寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。