中之条町: 大岩三又スギ

  群馬県:歴史・観光・見所中之条町:歴史・観光・見所>大岩三又スギ

概要・歴史・観光・見所
大岩三又スギ(中之条町)概要: 大岩の三又スギは往時信仰の対象となっていた大岩不動尊の参道沿いにある大杉で、推定樹齢約700年、樹高55m、目通り約7.7m、根回り13.4m。案内板によると「 大岩不動尊の参道の約1キロメートルの間は、美事な杉並木となっていたが、大正時代のはじめに伐採された。この杉は江戸時代にお堂が火災にあったとき、本尊様がこの木に飛び移り難を逃れたという伝説があるために伐採をまぬがれた。地上約4.8メートルの所で3つの枝に分かれた三又スギであったが、昭和34年の伊勢湾台風で1枝折れてしまった。その後また折れる心配があるので、ステンレスの帯を地上から10メートルと20メートルの所に巻き、補強して現在に至っている。 群馬県教育委員会 中之条町教育委員会 」とあります。大岩の三又スギは群馬県を代表する杉の古木、巨木として貴重な事から昭和33年(1958)に群馬県指定天然記念物に指定されています。

大岩三又スギ:写真

大岩三又スギ
[ 付近地図: 群馬県中之条町 ]・[ 中之条町:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。