中之条町: 旧五反田小学校

  群馬県:歴史・観光・見所中之条町:歴史・観光・見所>旧五反田小学校

概要・歴史・観光・見所
旧五反田小学校(中之条町)概要: 旧五反田小学校は明治42年(1909)に建てられた木造平屋建て、入母屋、金属板葺き(旧板葺)の建物です。当時は財政難でしたが新しい校舎は村人達の念願でもあり、五反田村の総力が結集した形で計画が進められました。敷地の造成は村人の足で踏み固め、建材は五反田伊勢宮の鎮守の森から切り出され、多くの寄付や勤労奉仕が行われ、棟梁には中之条町出身の名工樋田栄太郎が招かれました。樋田栄太郎は群馬県指定文化財に指定されている旧吾妻第三小学校の施工者としても知られ当時としては最高の適任者が工事の指揮にあたっています。平面は山側を廊下、正面を教室にした直線的な配置で桁行き28間(50.9m)、梁間5間(9.0m)、外壁は板張り、屋根の棟飾りは和風で、当時の都市部で見られた洋風の学校建築とは趣が異なります。昭和13年(1938)に伊参尋常高等小学校第二分教場、その後、中之条町立第四小学校分校となり学校としては昭和44年(1969)まで使用、廃校後は地域の交流施設として利用されています。明治時代後期に山間地域で建てられた近代学校建築が当時の姿で保存されている貴重なものとして昭和63年(1988)に中之条町指定重要文化財に指定されています。

旧五反田小学校校舎:写真

五反田小学校
[ 付近地図: 群馬県中之条町 ]・[ 中之条町:歴史・観光・見所 ]
五反田小学校 五反田小学校 五反田小学校 五反田小学校


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。