伊勢崎市: 宝珠寺

  群馬県:歴史・観光・見所伊勢崎市:歴史・観光・見所>宝珠寺

概要・歴史・観光・見所
宝珠寺(伊勢崎市)概要: 宝珠寺の創建は平安時代の天慶2年(939)、藤原秀郷(田原藤太秀郷:平将門追討の戦功により上野、武蔵の国司となる。)が平将門の乱鎮圧の戦勝祈願として開いたのが始まりと伝えられています。その際、本尊となる観世音菩薩を安置し、数多くの修験者達が祈祷を繰り返すと境内から紫雲が棚引き、願いを叶えるという如意宝珠の雨が降り注いだ為、秀郷は吉兆と悟り勝利を確信、翌年には見事念願成就し将門を討ち取っています。その後、当地域は赤堀城の城主、赤堀氏(藤原秀郷の子孫だとされる)が支配し、秀郷と縁がある宝珠寺も庇護されたと思われます。天正年間(1573〜1592年)には赤堀入道藤繁により堂宇の再建や境内の整備が行われ、揚山永橋大和尚(前橋長昌寺5世)を招いて中興開山し、曹洞宗に改宗、慶長5年(1600)頃には概ね完成しています。

宝珠寺旧本堂は宝永6年(1707)に再建されたもので寄棟、鉄板葺、平入、桁行8間(現在は入母屋、銅板葺)、廃藩置県が執行されるまでは寺子屋として開放され今井学校の校舎が完成されるまで校舎として利用されていました。境内には赤堀道玄、小菅又八郎の墓の他、秀郷の子孫(3男田原千国とも)が秀郷の供養の為に鎌倉時代に建立したと伝わる五輪塔(凝灰岩製、総高167cm)があり平成6年(1994)に伊勢崎市指定史跡に指定されています。伝承によるとこの五輪塔には白蛇が棲んでいて信仰の対象になっていました。ある日突然雷が落ちて以来白蛇の姿が見えなくなりましtが、信仰は変わらず祈願すれば念願成就し、五輪塔に生えた苔は熱を下げる事に御利益があると信じられていたそうです。山門(切妻、桟瓦葺、一間一戸)は安政5年(1853)に再建されたもので宝珠寺境内では最古の建物で当時の様子を今に伝えています。宗派:曹洞宗。本尊:聖観世音菩薩(延宝3年:1675年、京都出身の仏師、康祐法橋の作)。

宝珠寺:写真

宝珠寺
[ 付近地図: 群馬県伊勢崎市 ]・[ 伊勢崎市:歴史・観光・見所 ]
宝珠寺 宝珠寺 宝珠寺 宝珠寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。