沼田市: 旧土岐家住宅

  群馬県:歴史・観光・見所沼田市:歴史・観光・見所>旧土岐家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧土岐家住宅洋館(沼田市)概要: この建物は大正13年(1924)、旧沼田藩主だった土岐家が東京都渋谷区に建てたもので、通常の生活を営む和館(和風建築)に隣接された洋館部部分です。当時、大邸宅や格式の高い屋敷では、和風建築の他に主に応接や書斎で利用する洋風建築を隣接させる事が流行っており土岐家でも、この様式が採用されたと思います。平成に入り当主から縁のある沼田市に寄贈された事で平成2年(1990)に居城のあった旧沼田城跡に移築保存される事が決まりました。建物は木造3階建て、天然スレート葺き、建築面積119u、3階は屋根裏で曲線の付いた窓(牛の目窓)が特徴で、2階は下見板張、1階は吹付塗装(ドイツ壁風)で部屋の用途によって色彩を変えています。各階毎に様々な仕上げを変えていて住宅より別荘的な要素が強い建物となっています。旧土岐家住宅洋館は大正時代に建てられた数少ない子爵洋館建築の遺構として貴重で「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たている事から平成9年(1997)に国登録有形文化財に登録されています。

旧土岐家住宅:写真

旧土岐家住宅(洋館)
[ 付近地図: 群馬県沼田市 ]・[ 沼田市:歴史・観光・見所 ]
旧土岐家住宅(洋館) 旧土岐家住宅(洋館) 旧土岐家住宅(洋館) 旧土岐家住宅(洋館)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。