沼田市: 舒林寺

  群馬県:歴史・観光・見所沼田市:歴史・観光・見所>舒林寺

概要・歴史・観光・見所
舒林寺(沼田市)概要: 慈眼山舒林寺は群馬県沼田市材木町に境内を構えている曹洞宗の寺院です。舒林寺の創建は宝徳元年(1449)、大友長忠が開基となり、心華乗芳禅師を招いて開山したのが始まりと伝えられています。当初は利根郡後関にありましたが寛文8年(1668)に沼田城下へ境内を移し再興再建しています。現在の本堂は文政年間(1818〜1829年)に建立されたもので寄棟、銅板葺、平入、桁行10間、正面1間唐破風向拝付、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、向拝木鼻には象、獅子、欄間部には竜の彫刻が施されています。境内には四代沼田藩主真田信政の子の次男で正保2年沼田城内で弟大学信武斬殺し自刃した真田信守の墓があります。又、舒林寺は若山牧水の知人生方吉次の菩提寺で牧水が使用した番傘を当寺に奉納した縁から番傘を模った「かみつけの とねの郡の 老神の 時雨ふる朝を 別れゆくなり」の句碑があります。その他には林柳波の詩碑「子持山淡き夕月 母眠る舒林寺の丘 ふるさとの花静かなり 」や植村婉外句碑「白雲の 行方も知らず 秋の風 」、味噌なめじじ・ばば(閻魔大王と奪衣婆を模した石仏、病んでいる場所と石仏の同じ場所に味噌を塗ると完治するそうです。)などがあります。山号:慈眼山。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

【 舒林寺菩提者:真田信守 】-真田信守は真田信之(上田藩、松代藩初代藩主)の次男で幼少の3代沼田城主熊之助を支えた真田信政(自身は4代目沼田城の城主の後、松代藩2代藩主)の次男として生まれました。長兄である信就は出生不詳の側室(小野お通)の子供で、早々と別家(真田勘解由家)を創設した為、信守は時期当主として期待されていましたが正保2年(1645)6月26日の夜、裏門の2階で弟である信武(大学)と争論となり信武と止めに入ったと思われる家臣の佐久間善八を殺害する事件が発生し、それが原因で自刃しました。享年18歳、戒名「照光院殿一関源心大居士」。同年、信政は信守の菩提を弔うため、改愚和尚を招き照光寺を創建しましたが、明暦2年(1656)に信政が松代藩主になった為、明暦3年(1657)に改めて松代に雲龍山照光寺を創建しています。沼田の照光寺の境内跡には寛文8年(1668)に舒林寺(沼田市)が移って来た事により信守の墓碑は舒林寺が引き継いでいます。

舒林寺:写真

舒林寺
[ 付近地図: 群馬県沼田市 ]・[ 沼田市:歴史・観光・見所 ]
舒林寺 舒林寺 舒林寺 舒林寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。