太田市: 金龍寺

  群馬県:歴史・観光・見所太田市観光>金龍寺

概要・歴史・観光・見所
金龍寺(太田市)概要: 大田山義貞院金龍寺は群馬県太田市金山町に境内を構えている曹洞宗の寺院です。金龍寺の創建は元享元年(1321)、新田義貞が天真自性和尚を招いて開山し、義貞の戒名である「金龍寺殿眞山良悟大禅定門」から金龍寺と号したのが始まりと伝えられています。延元3年(1338)に義貞が戦死した事で庇護者を失い一時衰退しますが応永5年(1398)に一族である岩松満純(父系は足利氏、母系は新田氏)が諸堂を再建し中興開基しています。その後、応永24年(1417)に当時の金山城主横瀬貞氏(新田義貞の3男である新田義宗の子)が現在の福井県坂井市丸岡町から義貞の遺骨を境内に移し(延元3年:1338年に越前国藤島の灯明寺畷で戦死した義貞の遺骸は日頃から信仰していた時宗の僧侶8人によって運ばれ越前の称念寺に葬られたとされ、現在でも称念寺の境内には義貞の墓が残されています)、廟所を造営、木像を安置し、横瀬家の菩提寺としました。天正18年(1590)、由良国繁は小田原の役で北条側に与しましたが(事実上小田原城に人質として軟禁)、嫡男の貞繁と母である妙印尼が豊臣方に協力した為、取り潰しは免れ現在の茨城県牛久市へ移封、金龍寺も2派に分かれ一派は由良氏に随行し牛久、更には龍ヶ崎(茨城県龍ヶ崎市)へ移ります。現地に残った本寺は衰微しましたが慶長年間(1596〜1615)、館林城(群馬県館林市)の城主榊原康政父子によって寺領(田畑8町余)の寄進や境内の整備が行われ再興されています。

金龍寺境内にある新田義貞の供養塔は寛永14年(1637年)、義貞300回忌法要の際、建立されたもので総高246Cm、安山岩製、多層塔、横瀬氏(由良氏)五輪塔(9基、安山岩製)と共に名称「金龍寺の由良氏五輪塔並びに新田義貞公供養塔」として昭和49年(1974)に太田市指定史跡に指定されています。金龍寺本堂は木造平屋建て、桟瓦葺き、平入、桁行6間、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、内部には本尊である釈迦如来像が安置されています。上州太田七福神:毘沙門天。山号:大田山。院号:義貞院。寺号:金龍寺。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

金龍寺:写真

金龍寺
[ 付近地図: 群馬県太田市 ]・[ 太田市:歴史・観光・見所 ]
金龍寺 金龍寺 金龍寺 金龍寺
金龍寺 金龍寺 金龍寺 金龍寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。