安中市: 蓮華寺

  群馬県:歴史・観光・見所安中市:歴史・観光・見所>蓮華寺

概要・歴史・観光・見所
蓮華寺(安中市)概要: 清水山蓮華寺は群馬県安中市中宿に境内を構える天台宗の寺院です。蓮華寺の創建は鎌倉時代の寛喜3年(1231)、栄朝禅師(永万元年:1165年、上野国那波郡に生まれ臨済宗の開祖栄西に師事、新田義季に招かれ世良田長楽寺開山)が開山したのが始まりと伝えられています。その際、凍りついた池の中から蓮の花が氷を破りせり上がってきたことから蓮華寺と称するようになったそうです。境内には慈覚大師空海縁の雉子観音堂(木造平屋建て、入母屋、妻入、桟瓦葺)が江戸時代後期の文化13年(1817)に移されている他、開山堂には鎌倉時代末期から室町時代初期に制作されたと推定されている像高108cm、座高70.6cm、寄木造りの木造栄朝禅師座像が安置されています。栄朝禅師座像は塑像としては群馬県唯一で中世塑像最古の像として貴重なことから昭和29年(1954)に群馬県指定重要文化財に指定されています。上野国順礼札所三十四ヵ所第31番札所(札所本尊:雉子観音)。山号:清水山。宗派:天台宗。本尊:阿弥陀如来。

蓮華寺:写真

蓮華寺
[ 付近地図: 群馬県安中市 ]・[ 安中市:歴史・観光・見所 ]
蓮華寺 蓮華寺 蓮華寺 蓮華寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。