前橋カトリック教会

  群馬県:歴史・観光・見所前橋市:歴史・観光・見所>前橋カトリック教会

前橋カトリック教会
前橋カトリック教会
[ 付近地図: 群馬県 ]・[ 前橋市:歴史・観光・見所 ]
前橋カトリック教会 前橋カトリック教会 前橋カトリック教会 前橋カトリック教会
概要:由来・観光・見所
前橋カトリック教会概要: 前橋カトリック教会は昭和7年(1932)に群馬県初のカトリック教会として建てられた建物です。鉄筋コンクリート造一部3階建て、スレート葺き、建築面積375u、外壁は人造石洗い出しで左右に尖塔屋根(下部は正方形、上部は八角形)を持つ双塔のゴシック様式、開口部は上部が尖塔風の縦長上げ下げ窓、内部は3廊式。正面は切妻で軒下に蛇腹状の意匠が設え、玄関は象徴的な尖塔状の庇、上部には円形のステンドグラスがあり正面性を演出しています。前橋カトリック教会は昭和初期に建てられた教会建築の遺構として貴重で「造形の規範となっているもの」との登録基準を満たしていている事から平成13年(2001)に国登録有形文化財に登録されています。設計はスイス出身の建築家マックス・ヒンデルの可能性有(正確な記録はないそうですが主に北海道の教会建築を手掛けたマックス・ヒンデルの作風から推測されています。近くで言うと栃木県宇都宮市のカトリック松が峰教会が双塔のゴシック様式)。施行は井上工業。

 群馬県前橋市観光・旅行見所ナビ:
前橋城東照宮岩神の飛石光厳寺龍海院三夜沢赤城神社二宮赤城神社養林寺大徳寺大胡神社大胡城旧蚕糸試験場産泰神社
前橋カトリック教会旧アメリカンボード宣教師館柳沢寺阿久沢家住宅諏訪神社膳城総社神社総社大神宮総社城元景寺宝塔山古墳
臨江閣本館臨江閣別館群馬県庁昭和庁舎群馬会館前橋市水道資料館
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。