前橋市 :臨江閣別館

  群馬県:歴史・観光・見所前橋市観光>臨江閣別館

臨江閣別館
臨江閣別館
[ 付近地図: 群馬県前橋市 ]・[ 前橋市:歴史・観光・見所 ]
臨江閣別館 臨江閣別館 臨江閣別館 臨江閣別館
概要・由来・観光・見所
臨江閣別館(前橋市)概要: 臨江閣別館は明治43年(1910年)に前橋市に開催された1府14県連合共進会の貴賓館として建てられた建物で木造2階建、入母屋造、玄関車寄付、桟瓦葺、書院風近代和風建築で棟梁として前橋出身の小曽根甚八が手懸けています。建設にあたっては各地から銘木が集められ中には中山道原市(安中市)沿いにあった杉並木(旧国指定天然記念物)の大木も使われたとされます。内部は1階には板床大広間の他、洋室1室、和室7室、2階には舞台を備えた180畳敷の大広間などがあり群馬県出身で、明治時代から昭和初期にかけて歌人・詩人としての活躍した萩原朔太郎の結婚式もここで行われています。共進会閉会後は市の施設(大講堂)となり臨江閣本館と同様に昭和20年(1945)の前橋大空襲で被災した市庁舎の仮庁舎、その後は公民館として利用されました。臨江閣別館附棟札及び渡廊下は明治時代に建てられた近代和風建築の遺構として貴重であることから昭和61年(1986)に前橋市指定重要文化財に指定されています。現在は社会教育施設として一般公開されています。

 群馬県前橋市観光・旅行見所ナビ:
前橋城東照宮岩神の飛石光厳寺龍海院三夜沢赤城神社二宮赤城神社養林寺大徳寺大胡神社大胡城旧蚕糸試験場産泰神社
前橋カトリック教会旧アメリカンボード宣教師館柳沢寺阿久沢家住宅諏訪神社膳城総社神社総社大神宮総社城元景寺宝塔山古墳
臨江閣本館臨江閣別館群馬県庁昭和庁舎群馬会館前橋市水道資料館
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。