前橋市: 総社神社

  群馬県:歴史・観光・見所前橋市:歴史・観光・見所>総社神社

概要・歴史・観光・見所
総社神社(前橋市)概要: 総社神社の創建は崇神天皇48年、豊城入彦命が経津主命の分霊を勧請し奉祀したのが始まりと伝えられています。安閑天皇元年(534)、上毛野君小熊王は社殿を改築し蒼海明神と改称、古代上野国府に近く平安時代末期には上野国に鎮座する五百四十九社を勧請合祀し、総社明神と呼ばれるようになっています。朝廷の権威が失墜すると上野国の祭祀は行われなくなったと推察されますが、総社神社を中心とする六十九町村の総鎮守として広く信仰されるようになり室町時代の長享2年(1488)には万里集九(室町時代の禅僧、歌人)も総社神社を参拝に訪れています。当初は現在の境内より数百m北西に鎮座していましたが永禄9年(1566)、北条家と武田家の兵火により多くの社殿、社宝、記録などが焼失し元亀年間(1570〜1573年)に現在地に遷座しています。江戸時代に入ると幕府から庇護され慶安2年(1649)には3代将軍徳川家光より朱印地26石が安堵され、歴代将軍もこれに倣っています。明治時代神仏分離を経て明治6年(1873)に県社に列しています。

現在の総社神社の本殿は永禄9年(1566)の武田勢による兵火で焼失後の慶長年間(1596〜1615年)に再建されたもので、三間社流造り、檜皮葺の建物で全体が極彩色で彩られた桃山時代の名残を見せる社殿として貴重な事から昭和38年(1963)に群馬県指定重要文化財に指定されています。拝殿は天保14年(1843)に再建されたもので、木造平屋建て、入母屋、正面千鳥破風、銅板葺、桁行4間、梁間3間、正面1間軒唐破風向拝付、外壁は真壁造り板張り、細部に精緻な彫刻、江戸時代末期の神社社殿建築の遺構として貴重な事から平成5年(1993)に前橋市指定文化財に指定されています。御神体である上野国神名帳(上野国十四郡諸社神名帳)は五百四十九柱の神々を記したもので当時の歴史資料として貴重な存在で昭和49年(1974)に群馬県指定重要文化財に指定されています。神楽殿は入母屋、銅板葺き、妻入、桁行2間、張間2間、外壁は3方吹き放し、木部朱塗り、例祭である3月15日に奉納される太々神楽(現在16座、以前は38座)は古式を伝える神事として貴重な事から昭和48年(1973)に前橋市指定無形民俗文化財に指定されています。祭神は磐筒男命、磐筒女命、経津主命、宇迦御魂命、須佐之男命。

総社神社の文化財
・ 本殿−慶長年間(1596〜1615年)−群馬県指定重要文化財
・ 上野国神明帳−弘治2年(書写)−群馬県指定重要文化財
・ 雲板−鎌倉時代初期(中国から渡来?)−群馬県指定重要文化財
・ 懸仏(弥勒菩薩)−天正4年−群馬県指定重要文化財
・ 懸仏(普賢菩薩)−天正17年−群馬県指定重要文化財
・ 拝殿−天保14年(1843)−前橋市指定文化財
・ 総社神社の筒粥置炭式−前橋市指定無形民俗文化財
・ 総社神社太々神楽−前橋市指定無形民俗文化財

総社神社:写真

総社神社
[ 付近地図: 群馬県前橋市 ]・[ 前橋市:歴史・観光・見所 ]
総社神社 総社神社 総社神社 総社神社
総社神社 総社神社 総社神社 総社神社

スポンサーサイト

総社神社(前橋市):周辺・見所
前橋城 前橋東照宮
岩神の飛石 光厳寺
龍海院 三夜沢赤城神社
二宮赤城神社 養林寺
大徳寺 大胡神社
大胡城 旧蚕糸試験場
産泰神社 膳城
前橋カトリック教会 旧宣教師館
柳沢寺 阿久沢家住宅
諏訪神社 総社神社
総社大神宮 総社城
元景寺 宝塔山古墳
臨江閣本館 臨江閣別館
群馬会館 前橋市水道資料館
群馬県庁昭和庁舎

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。