前橋市: 二宮赤城神社

  群馬県:歴史・観光・見所前橋市:歴史・観光・見所>二宮赤城神社

概要・歴史・観光・見所
二宮赤城神社(前橋市)概要: 二宮赤城神社は平安時代の延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳では名神大社と記載された赤城神社の論社として知られています。そもそも、赤城山(標高:1827.6m)は古代から上野国の霊山として自然崇拝の対象となり神が宿ると信じられてきました。当地はその遥拝所として垂仁天皇(紀元前29年〜西暦70年)又は景行天皇(71年〜130年)の御代に「赤城大明神」の分霊が勧請されたとされ、周辺には上野国を開発した上毛野氏(上野国造)関係のものと推定される前二子古墳・中二子古墳・後二子古墳という全長100mを越える前方後円墳が点在しており、当時の上野国の政治、文化の中心だったと思われます。その後、地元神と思われる「赤城大明神」は上毛野氏(上野国造)の祖神である豊城入彦命と入れ替わり朝廷の支配が確立していきました。上野国では貫前神社に次ぐ二宮の格式があったとされ承和6年(839)に制作された「続日本後期」では従五位下「三代実録」にもその都度冠位を賜わり「上野国交替実録帳」では正一位に列し、当社の社号の冠には二宮が付けられと思われます。同じく論社である元宮(大洞)赤城神社は山頂が開発された大同元年(806)に創建、又、三夜沢赤城神社にいたっては当社の奥之院又は山宮が発展した西宮と神仏習合が盛んになった以降に成立した東宮が合祀した事から、当社が赤城神社の本社という理屈になっています(3社の立場によって異なります)。又、現在でも御神幸という特殊神事では三夜沢赤城神社に神輿を往復させることが受継がれている為、少なくとも中世以前は当社が本社だったと考えられています。その後は歴代領主や支配者から崇敬され社運が隆盛しましが戦国時代の永禄年間(1558〜1570年)小田原北条氏の兵火により社殿、社宝、記録等が焼失し衰退、この間信仰を取り付けた三夜沢赤城神社が本社、又は本社の順ずる支持を得たと思われます。その後領主となった牧野氏や前橋藩主酒井氏、松平氏に庇護され再興しますが、前橋藩の藩庁が置かれた前橋城の北東の方角にある赤城山山頂付近に元宮(大洞)赤城神社が鎮座していた為、鬼門の鎮護社として隆盛し本社を称するようになります(江戸時代には三夜沢と元宮の間で本社争いが起こっています。)。二宮赤城神社は古くから神仏習合の形態をとっていましたが明治時代時代初頭に発令された神仏分離令の為、仏式が廃され神社として独立、境内には仁王門(現随神門)や鐘楼、宝塔、土塁や空掘など当時の遺構が見られます。祭神は豊城入彦命、大己貴尊など。

二宮赤城神社の文化財
・ 納曽利面(舞楽面)−享徳2年−群馬県指定文化財
・ 梵鐘−元和9年−高さ127cm、直径72cm−前橋市重要指定文化財
・ 絵馬−「飾馬の図」、「神馬の図」など−前橋市重要指定文化財
・ 宝塔−南北朝時代−前橋市重要指定文化財
・ 二宮赤城神社境内−前橋市指定史跡
・ 二之宮の式三番叟(附:伝授書)−前橋市指定重要有形民俗文化財
・ 二宮赤城神社の御神幸−前橋市指定重要無形民俗文化財
・ 太々神楽−前橋市指定重要無形民俗文化財

二宮赤城神社:写真

大鳥居
[ 付近地図: 群馬県前橋市 ]・[ 前橋市:歴史・観光・見所 ]
神橋 随神門 参道 拝殿
祈祷所 本殿 神楽殿 舞台
鐘楼 宝塔 土塁 空掘

スポンサーサイト

二宮赤城神社(前橋市):周辺・見所
前橋城 前橋東照宮
岩神の飛石 光厳寺
龍海院 三夜沢赤城神社
二宮赤城神社 養林寺
大徳寺 大胡神社
大胡城 旧蚕糸試験場
産泰神社 膳城
前橋カトリック教会 旧宣教師館
柳沢寺 阿久沢家住宅
諏訪神社 総社神社
総社大神宮 総社城
元景寺 宝塔山古墳
臨江閣本館 臨江閣別館
群馬会館 前橋市水道資料館
群馬県庁昭和庁舎

上野国十二社
一宮:貫前神社 二宮:赤城神社
二宮:赤城神社 二宮:赤城神社
三宮:伊香保神社 四宮:甲波宿祢神社
五宮:大国神社 六宮:榛名神社
七宮:小祝神社 八宮:火雷神社
九宮:倭文神社 ・ 十宮:美和神社
十一宮:賀茂神社 十二宮:宇芸神社

スポンサーサイト


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。