前橋市 :光厳寺

  群馬県:歴史・観光・見所前橋市観光>光厳寺

光厳寺
光厳寺
[ 付近地図: 群馬県前橋市 ]・[ 前橋市:歴史・観光・見所 ]
光厳寺 光厳寺 光厳寺 光厳寺
光厳寺 光厳寺 光厳寺 光厳寺
概要・由来・観光・見所
光厳寺(前橋市)概要: 光厳寺の創建は慶長6年(1601)、総社藩初代藩主となった秋元長朝(上杉、北条、徳川と主君を変え、関ヶ原の戦いで東軍に組し上杉景勝降伏に尽力し総社領1万石が安堵された。)が徳蔵寺の亮應を招いて開山したのが始まりとされます。寺名は秋元の性と長朝の戒名(江月院殿巨岳元誉大居士)、母親(春)の戒名(光厳院殿心月等清大姉)より秋元山江月院光厳寺と名付けられ、秋元家歴代の菩提寺となりました。2代藩主秋元泰朝は、寛永10年(1633)に甲州谷村藩に1万8千石で移封となりましたが光厳寺は随行せずこの地に留まり歴代秋元家の菩提を弔っています。その後は幕府に庇護され、寛永3年(1626)に2代将軍秀忠より寺領30石が安堵され、さらに慶安2年(1649)には3代将軍家光より16石が加増され合計46石の朱印地を賜りこの地域の天台宗の修業寺として寺運が隆盛します。江戸時代中は大きな火事がなかったようで境内には多くの古建築物があり本堂(文政3年:1820年・入母屋、桟瓦葺、唐破風玄関屋根)、御廟所(文化9年:1812年・入母屋、銅板葺、正面千鳥破風、桁行3間、梁間2間、軒唐破風1間向拝付)、庫裏(文化10年:1813・入母屋、桟瓦葺、妻入)、長屋門(天明5年:1785年・入母屋、桟瓦葺)、楼門(文化年間:1804〜1818年・入母屋、銅瓦棒葺、三間一戸、正面唐破風)、薬師堂(宝形造、桟瓦葺、方1.5間、向拝付)・元三大師堂(寄棟、桟瓦葺、桁行3間、1間向拝付)・鐘楼(明和9年:1772年・入母屋、銅板葺、袴腰付)などが軒を連ねています。中でも薬医門は江戸時代初期に総社城の城門として建てられ、廃城になった際、移築したと推定される貴重な建物で昭和50年(1975)に前橋市指定重要文化財に指定されています。又、境内に隣接する宝塔山古墳(国指定史跡)頂上には歴代秋元家の墓が建立されています。

光厳寺の文化財
・ 力田遺愛碑−安永5年−当地を開発した長朝を讃え領民が建立−栃木県指定史跡
・ 東覚寺層塔−室町中期−七重多層塔、安山岩、高413cm−前橋市指定重要文化財
・ 薬医門−江戸時代初期−切妻、銅板葺−前橋市指定重要文化財
・ 打敷・油単並びに幡−前橋市指定重要文化財
・ 石幢−明応4年−安山岩製、高さ1.58m−前橋市指定重要文化財
・ 石山寺蒔絵机−前橋市指定重要文化財
・ 三具足 一具−前橋市指定重要文化財
・ 輪口瓜形釜 伝芦屋(一口 附:極め書 三通)−前橋市指定重要文化財
・ 秋元氏歴代墓地−前橋市指定史跡


 群馬県前橋市観光・旅行見所ナビ:
前橋城東照宮岩神の飛石光厳寺龍海院三夜沢赤城神社二宮赤城神社養林寺大徳寺大胡神社大胡城旧蚕糸試験場産泰神社
前橋カトリック教会旧アメリカンボード宣教師館柳沢寺阿久沢家住宅諏訪神社膳城総社神社総社大神宮総社城元景寺宝塔山古墳
臨江閣本館臨江閣別館群馬県庁昭和庁舎群馬会館前橋市水道資料館
 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。