茶屋本陣・お西(安中市五料)

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)中山道五料>茶屋本陣・お西

概要・歴史・観光・見所
茶屋本陣・お西概要: 中島家は16世紀末から代々名主を務める家柄で、同様の名主からみて西側に位置すのので「お西」と呼ばれてきました。天保7年(1836)から明治5年(1872)までは隣(お東)と1年交代で名主を務め、参勤交代を行う大名や公卿、上役など身分が高い人達の休息所として務めを果たしました。建物は文化3年(1806)に建てられたもので木造2建て、切妻、桁行き13間、梁間7間、外壁は真壁造、白漆喰仕上げ、隣接する"お東"とほぼ同様な平面構成になっていて式台付玄関や表の間、次の間、上段の間、勝手、茶の間などの部屋があり名主屋敷兼茶屋本陣という格式が感じられます。茶屋本陣・お西は昭和33年(1958)に群馬県指定史跡に指定されています。

茶屋本陣・お西・写真

[ 付近地図: 群馬県安中市 ]・[ 安中市:歴史・観光・見所 ]
茶屋本陣・お西 茶屋本陣・お西 茶屋本陣・お西 茶屋本陣・お西
五料:名所・旧跡
茶屋本陣お東
茶屋本陣・お東
茶屋本陣・お東
茶屋本陣お西
茶屋本陣・お西
茶屋本陣・お西
茶釜石
茶釜石
茶釜石
碓氷神社
碓氷神社
碓氷神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。