板鼻宿

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)中山道>板鼻宿(安中市)

概要・歴史・観光・見所
板鼻宿概要: 板鼻宿は江戸から14番目、高崎宿高崎城の城下町)と安中宿との間の宿場町です。背後に碓氷川の渡し場がある為、板鼻宿に宿泊や休息で利用する人達が多く、洪水や増水があった場合は川止めとなりこの宿で逗留する事になりました。その為、本陣と脇本陣が1軒ずつ設置されただけでなく旅籠が54軒と上州にある中山道の中では最大級の規模を誇り茶屋など関連店舗も軒を連ね大いに賑ったと言われています(※各軒数は天保14年の記録)。又、榛名道(榛名神社の参詣道)との分岐点でもあり追分近くには文政13年(1830)に建立された道標があり「やはた みち」、「はるな くさつ いかほ 河原湯 かねこ 澤たり 志ぶ川 みち」と刻まれています。

歴史的には文久元年(1861)に皇女和宮が公武合体の為、14代将軍徳川家茂へ輿入れのため、中山道を使って京都から江戸へ下向途中、11月10日に板鼻宿本陣で宿泊しています。本陣は代々木島家が世襲し往時は間口15.5間、奥行30間、敷地面積465坪に表門や式台付の格式の高い建物があったとされ現在でも宿泊に利用された本陣書院(桁行9.5間、梁間5.5間)が移築保存されて内部が皇女和宮資料館として一般公開されています。多くの建物の建て替えが進んでいますが、近年になって旧街道が主要幹線から外れた事で古い建物も点在し当時にの名残を伝えています。

【 ポイント 】板鼻宿の牛馬宿を担ったのが倉賀野城最後の城主となった金井淡路守秀景の後裔とされる金井忠兵衛家です。金井家の一族は中山道の高崎市から安中市にかけての宿場町で本陣や脇本陣を担い、当宿では脇本陣に次ぐ格式とされる牛馬宿を歴任しています。牛馬宿はその名の通り、宿場を利用した牛や馬の宿の事で一般的な町屋建築より間口が広く複数の牛馬が繋ぎとめる事が出来ました。金井忠兵衛が著名になったのは当地から現在の伊勢神宮(三重県伊勢市)、出雲大社(島根県出雲市)、長崎県までの3か月半に渡る旅行を「伊勢参宮 並 大社拝礼紀行」に記した事で、当時の宿の様子や食事の内容が判る一級資料となっています。現在ではありがちな行為ですが当時としてはかなり珍しい行為で先見の明があったのかもしれません。

【 参考:サイト 】
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【 参考:文献等 】
・ 現地案内板-安中市教育委員会

板鼻宿:町並み・写真

[ 付近地図: 群馬県安中市 ]・[ 安中市:歴史・観光・見所 ]
板鼻宿:町並み 板鼻宿:町並み 板鼻宿:町並み 板鼻宿:町並み
板鼻宿:町並み 板鼻宿:町並み 板鼻宿:町並み 板鼻宿:町並み
独り言
板鼻宿は結構宿場町らしい町並みが残っています。ただ、思っていた以上に車の交通量が多い印象を受けました。見所は皇女和宮が宿泊した本陣跡ですが、車での移動だった為、容易に見つける事出来ずスルーしてしまいました。今ならカーナビやら何やらでもう少し簡単に見つける事が出来たかも知れませんが・・。


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。