真田信利

  群馬県:歴史・観光・見所(ホーム)>真田信利:伝菩提寺(迦葉山弥勒寺)
【 菩提者 】 真田信利は寛政12年(1635)、当事の松代藩主真田信之の庶長子である信吉の次男として生まれています。当事は信之が健在だった為、松代藩(長野県長野市松代町)は信之、沼田領(群馬県沼田市)3万石分は信吉が統治していましたが、寛文11年(1634)父親に先立ち信吉が死去した為、長男である熊之助が相続しました。しかし、その熊之助も寛永15年(1638)に死去し、次男である信利が沼田領主となりました。明暦2年(1656)、信之が隠居し為、松代藩は信吉の弟、信利の叔父にあたる真田信政が相続しましたが明暦4年(1658)、その信政も死去してしまいます。その際、松代藩主は信政の子供である幸道が指名された為、本来、庶長子である信吉の血統が相続する事が本筋であると信利が異を唱えます。この騒動は幕府内部にまで及ぶ大規模なものになりましたが幕命により松代藩主には幸道、改めて沼田藩(藩庁:沼田城)を立藩させ、その初代藩主に信利に定めました。一旦、この騒動は治まりましたが、信利はとっては到底受け入れられない裁定であった事から松代藩に対抗する為、表高3万石に対して実石14万4千石(実際の実石は6万石程度)として幕府に虚偽の報告をしました。その為、沼田藩にとっては過度な土木工事や格式に見合う調度品が求められ、それらを賄う為に領内では大増税が行われました。土木工事は無理な計画と自然災害が重なり大幅に工期が送れ、天和元年(1681)には領内で大一揆が発生、これを見た幕府は信利を改易し沼田藩を廃藩としました。信利は山形藩(山形県山形市)の藩主奥平家に預けられ貞享5年(1688)、奥平家の移封先である宇都宮藩(栃木県宇都宮市)で死去、享年54歳。伝承では菩提は沼田藩主時代に信仰していた迦葉山弥勒寺(沼田市)に運ばれ埋葬されたと伝えられています。迦葉山弥勒寺の境内には真田信利の墓碑と伝わる五輪塔が建立されています。

【 寺  号 】 弥勒寺
【 所在地 】 群馬県沼田市上発知町
【 創建年 】 嘉祥元年(848)
【 開  山 】 慈覚大師円仁(比叡山延暦寺の高僧)
【 開  基 】 葛原親王(桓武天皇の第三皇子・上野太守)
【 山  号 】 迦葉山
【 宗  派 】 曹洞宗
【 本  尊 】 聖観音菩薩
【 備  考 】 真田信利の墓碑と伝わる五輪塔
群馬県大名菩提寺
酒井家(龍海院)牧野康成(養林寺)秋元景朝(元景寺)秋元家(光厳寺)榊原家(善導寺)小松姫(正覚寺)真田信吉(天桂寺)真田信守(舒林寺)土岐家(東禅寺)真田信利(迦葉山弥勒寺)徳川忠長(大信寺)菅沼定利(玄太寺)島家(法林寺)奥平家(仁叟寺)金井秀景(永泉寺)織田家(崇福寺)小幡家(宝積寺)唐梅院・隆崇院(大泉寺)大道寺政繁(補陀寺)佐々木盛綱(松岸寺)七日市藩前田家(長学寺)稲垣家(天増寺)藤原秀郷(宝珠寺)横瀬家・由良家(金龍寺)新田義重(大光院)世良田家・得川家(長楽寺)脇屋義助(正法寺)本多家(白井宿:源空寺)白井長尾家(空恵寺)富岡家(龍泉院)桐生家(西方寺)由良成繁(鳳仙寺)
※ 文章や画像のコピーは御遠慮ください。御理解の程よろしくお願いします。