高崎市: 達磨寺

  群馬県:歴史・観光・見所高崎市観光>達磨寺

概要・歴史・観光・見所
達磨寺(高崎市)概要: 少林山鳳台院達磨寺は 群馬県高崎市鼻高町に境内を構えている黄檗宗の寺院です。達磨寺の創建は延宝8年(1680)、行者である一了居士が霊夢により古くから観音堂に収められていた霊木を達磨大師像として彫り込み安置したのが始まりと伝えられています。元禄10年(1697)その話を聞いた当時の領主酒井忠清は境内が前橋城(群馬県前橋市)から見て南西方向に当たる為、裏鬼門除けとして庇護し水戸から天湫和尚を召還し少林山達磨精舎として開創し天湫の師である東皐心越禅師を開山としています。享保11年(1726)には水戸徳川家の祈願所となり、享保16年(1731)に少林寺達磨寺として正式に黄檗宗寺院に昇格しました。

現在の達磨寺観音堂は創建当初に「無尽法蔵」と呼ばれる経蔵として建てられ黄檗鉄眼版の一切蔵経が収められた建物で木造平屋建て、入母屋、茅葺、平入、桁行3間、梁間2間、外壁は真壁造り板張り。江戸時代後期の寛政4年(1792)に大改修され、明治14年(1881)の火災で本堂他多くの堂宇が焼失した中、難を逃れた貴重な存在で内部には尊星板梓と北辰鎮宅霊符尊が安置されています。又、達磨寺境内にある洗心亭は昭和9年(1934)から2年間、ドイツから亡命してきた世界的建築家ブルーノ・タウトが過ごし多くの著書を残した場所として知られています。建物は大正時代に帝国大学農学博士佐藤寛治氏の別荘として建てられた建物で木造平屋建て、寄棟(凸ぶ切妻)、桟瓦葺、平入、内部は6帖と4帖半の2間ですが、歴史的に貴重な事から昭和23年(1948)に群馬県指定史跡に指定されています。毎年1月6〜7日にかけては全国的にも知られる「高崎のだるま市」が行われ、多くの参拝者が達磨に祈願を込め奉納します。達磨大師立像は昭和20年代に箕郷町出身の下田家から寄進されたもので像高85cm、昭和52年(1972)に高崎市指定文化財に指定されています。山号:少林山。院号:鳳台院。寺号:達磨寺。宗派:黄檗宗。本尊:十一面観音(伝:行基菩薩作)、北辰鎮宅霊付尊神。

達磨寺:写真

達磨寺
[ 付近地図: 群馬県高崎市 ]・[ 高崎市:歴史・観光・見所 ]
達磨寺 達磨寺 達磨寺 達磨寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「群馬県:歴史・観光・見所」は「群馬県の歴史」、「郷土資料辞典−群馬県」、「日本の城下町−関東(一)」、「城郭と城下町−関東」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。